2018年5月20日 (日)

車輪を引取り

スポーク交換の修理が終わったアビオスの後輪を引取ってきました。
ショップは足立区の鹿浜にあります。天気が良かったので自転車で出掛けてみました。

Photo_3

荒川左岸を下ります。対岸からですが久しぶりに岩淵水門を見ました。
今日は真冬のように空気が澄んでいるように感じました。

Photo_4Photo_5


車輪はベルトを掛けて背負って走りました。
初めての試みでしたが、ずれることも無くうまく運べました。

サボテンの花

今年もサボテンの花が咲きました。

PhotoPhoto_2

蕾が出来始めるとほんの数日で花が咲きます。
甘い匂いも放ちますが、虫が寄ってくるところを見たことがありません。

2018年5月19日 (土)

あわや転倒

一昨日の帰宅途中、自転車の後輪が曲がり角に差し掛かるところで突然ロックし、ビックリしたのと同時にバランスが崩れ、一瞬パニック状態となりました。
原因は、一本のスポークが破断しチェーンに絡まったためでした。
てっきりハブの付け根から折れたと思ったのですが、折れた部分はハブから数センチ離れた部分。気になったのでフリーを外してみたら、その他数本のスポークが曲がり傷が付いていました。

Photo_5Photo_6

実は三日ほど前に、ロー側に変速した際にチェーンが外れフリーとハブの間に落としてしまったことを思い出しました。その時の衝撃でスポークが傷つき、損傷の大きかったスポークが破断したようです。

今日、ショップに修理を依頼。
先程電話連絡があり、寸法の合うスポークの在庫があったため修理が完了したとのこと。ラッキーでした。

このところ手入れを怠っていたために起こった事故。
フリーや変速器の清掃と調整をして、ホイールを復旧装着するつもりです。

利用する人いるのかな

PhotoPhoto_2Photo_3


Photo_4

先日仕事で伊豆方面に行った時に、駅で飲料の自販機と共に販売されている自転車のタイヤチューブを見掛けました。

「今までに何個売れたのだろう。」なんて、独り言をつぶやいてしまいました。

2018年4月30日 (月)

2A3シングルアンプの製作①

真空管アンプの製作を始めました。

Photo

100%自作で作る知識も技量も無いので、キットを選択しました。
トランスやソケット等は組まれていて、説明書を見ながら配線やパーツを半田付けして完成させます。

Photo_2

配線の2/3程度が出来たところで、今日は作業終了です。
とても楽しい作業ですが、かなり目が疲れました。
次回はハズキルーペを試してみようと思います(笑)

2018年4月29日 (日)

連休2日目

4月に入り、久しぶりに痛みの強い腰痛を発症しました。
整形外科で受診したら第5腰椎分離症・腰神経根症とのことで、しばらく痛み止めの薬を服用していました。
そんなこともあり益々自転車に乗ることが減っていたのですが、痛みもほとんど無くなってきたことと、昨日よりも風が弱いようなので、今日は自転車で秋ヶ瀬公園まで出掛けてみました。

いつものように、戸田ボートコースから荒川左岸を上流に向かって進みます。

Photo

ボートコースでは刈った水草があちこちに山積みとなっています。
今年は量が多いのでしょうか。水中にたくさん茂っているのが分かります。
今日は大学対抗の競技会が開かれているようで、岸辺が賑やかでした。

Photo_2

陽射しも眩しいですが、おっさんにはチアガールのみなさんも眩しいです。

R0017375

左岸の堤防はこんな感じで、ピンクのカーペットを敷いた様です。

Photo_3Photo_4

秋ヶ瀬公園の中程まで進み、一服しようと駐車場に入るとかわいいミニカーを発見。
どうやらよく見に行くブロガーさんの車のようです。
Photo_5
新緑がきれいです。
しばらく自転車を押して森の中を散策して、公園を後にしました。

Photo_6Photo_7

公園の近所にある和菓子工場の直販店に寄り、柏餅と芋ようかん/あんこ玉の詰め合わせを購入。たまに食べたくなるのです。

段々と強くなる向かい風に煽られながら帰路に就きます。

Photo_8

1/2程戻ったところのコンビニエンスストアでトイレと一服休憩。
僅かな時間と距離でしたが、気持の良いひと時でした。

2018年4月28日 (土)

EP盤をマルチで

夕食後、昭和の歌謡曲を数曲オートチェンジャーで楽しみました。

Photo_2

アームのベースにあるレバーをシングルからマルチにして、マルチスピンドルを立ててレコードを乗せます。

Photo_3

スタートの後、レコードが落ちてカートリッジがトレース。今日も順調そうです。

Photo_4

最後まで問題なく演奏。
いつまでも壊れずにいてほしいプレーヤーです。

2018年4月15日 (日)

コンサート鑑賞

地元の文化会館に戸田交響楽団の第64回定期演奏会を鑑賞に入ってきました。

Photo_2Photo_3

朝から雨模様でしたが昼頃には雨も上がり、いつものように自転車で出掛けます。
到着後、入場時間まで少し時間があったので、隣接する公園の新緑を眺めながらコーヒーで一服します。無料サービス券でいただいたコーヒーなので贅沢は言えませんが、コンビニのコーヒーの方が美味しいかも。

Photo_4

今回は2階席で鑑賞します。演目は、以下の通り。
1.バルトーク: ハンガリーの風景
2.コダーイ: 組曲「ハーリ・ヤーノシュ」
3.ドヴォルザーク: 交響曲第6番 ニ長調 作品60

音楽に疎い私には馴染みの無い作品ですが、1.2.は打楽器と管楽器のパートが比較的多く感じ、それはそれで響きを楽しむことが出来ました。また、ツインバロンの音色が印象的でした。
アンコール曲はブラームス:ハンガリー舞曲第5番、好きな曲なのでいつ聴いても◎です。

次回の演目は、ホルスト:組曲「惑星」とエルガー:威風堂々が予定されているようで、
今から楽しみです。

2018年4月14日 (土)

フォノカートリッジケース

再販されたので、入手してみました。

R0017358R0017365


もう少しベース部分は重たい方が良いかなと思いました。

2018年4月10日 (火)

1503Ⅲアーム取付

PhotoPhoto_2Photo_3


アームボードを作ります。
写真の左側が新しいボード、右はオリジナルのボードです。
在庫していたあり合わせの材料で賄いました。板は18mmのラワン合板。
オリジナルは約20mm厚で裏側は2辺が斜めにカットされていて、容易に脱着出来るようになっています。
同じように手でカットするのは大変だし、容易に加工できるような電動工具は持っていないので、平板のままで作ります。
約2mm程の厚みの差を解消するのと、防振を兼ねて裏側に二種類の部材を貼り付けてみました。薄い板や厚紙等で調整するより効果があるんじゃなかろうかと期待しています。
一つはカルムーンシートという産業用の制振材、もう一つは薄い鉛テープです。
これらも以前から持っていた在庫品を使いました。

Photo_7Photo_8

ボードの表面もあり合わせのツキ板と塗料ですので、全体と合っていません。
自己満足な世界ですから、割り切る所は気分次第で妥協します。
取付け作業で気付いたⅡシリーズとの大きな違いは、アームの高さ固定がレバー式になったのとアンチスケーティング機構が付いていることでした。

基本DL-103専用アームとして使うつもりです。

«新たに取付けるアーム