Newカートリッジ装着

昨日、アームとケーブルをセットして、カートリッジをアームに取付。
Photo
デカイです。
レコードに針を落とし、音が出るか一応チェック。
Photo_2Photo_3
ちゃんと音も出て、本体と接続に問題はないようです。
初めてのSPU、これから少しずつのんびりと味わいます。

ところで「マッコウクジラ」という渾名は、(私流のSPU-Gに対しての渾名)
40数年前、初めて秋葉原のとある店で実物を見た時に瞬時にこの名が浮かびました。
頭でっかちで、尻すぼみ・・・。
以来、私の中でそう呼び続け、いつかは自分のプレーヤーにと思い続けてきました。
Spu_2Spu_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Newカートリッジの取付準備

マッコウクジラ(私が付けたあるカートリッジの渾名です。)を取付けるための準備を始めました。
Dp5000f

今使っているプレーヤーのトーンアームでは使用することが出来ないため、アームのないプレーヤーに新たにアームを取付けることにしました。
ターンテーブルの回転は今のところ問題はありませんが、アームを取付ける前にちょっとメンテナンスをしました。
Dp5000f_2

埃を取ったり、スイッチの接点やランプ類を掃除したり、スイッチの接点をアルコールで拭いたりしました。ついでにモーターの軸受等もチェック。
Photo

ターンテーブルをキャビネットに戻して、アームの取付ゲージを当て取付位置を決めます。
幸い元の穴を使用することが出来て、新たにベースボードを製作する手間が省けました。
今日の作業はここまでです。

少し脱線しますが、デンオンの古い二つのターンテーブルの操作部を写真に残します。
Dp3000Dp500f

左がDP-3000、右はDP-5000F、私的には左の方が扱い易い。
個体の問題でしょうが、弟分の左の方が回転が滑らかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナット追加

フロントブレーキのインナーワイヤーが馴染んで少し延びたようで、調整が必要になってきました。
Photo

アウター受け部分で調整しましたが、走っているうちにナットが緩んで元通りになってしまい、頻繁に調整を繰り返していました。
そんな訳で、緩み止めのナットを追加。
Photo_3

これで容易に緩むことは無いと思います。
在庫のナットがこれしか無く、ちょっと無骨な感じになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弦楽合奏を楽しむ

久しぶりに弦楽コンサートを聴いてきました。

Img_2456


少し前の雨の日、路線バスの待ち時間にリリア館内でパンフレットを発見し、お気に入りのヴィヴァルディの四季を生演奏で聴けるというチャンスからチケットを購入。
この楽団の事は何も知らず、調べることも無く座席に着きましたが、素晴らしい演奏を聴く事が出来ました!
サービス精神も旺盛のようで、この日のアンコールは4曲。最後まで盛り上がりました。

私は、四季というとイ・ムジチの演奏くらいしか知らなく、最近、ムターとヤンセンのLPを入手しましたが、まだ全楽章を聴き終えていません。そのためイ・ムジチの演奏との比較しかできないのですが、イ・ムジチのどちらかというと坦々なテンポとは違い抑揚のある、それと色々な奏法が織り交ぜられていたようでした。(疎いので分かりませんので想像です…笑)私的には心地よく音色に浸ることが出来ました。

Img_2457


コンサート終了後、ロビーで販売されていたCDを思わず購入。奏者の方々のサインと握手のサービスを受けました。
何時かまたこの楽団の演奏を聴ける機会があったら、是非行ってみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サボテン(開花)

Img_2413_3


Img_2414


昨日の朝、甘い香りを放ちながら花が咲きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T-10 昇圧トランス

R0016779

若い頃、MC-20と一緒に購入したT-10。
入力端子とプラグを磨いて、20数年振りに接続してみました。
R0016782

しっかりと昇圧はしてくれているようで、音は左右共に出てくれました。
機能的には問題ないようです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サボテン

Img_20170521_180734

今年もきれいな花を見せてくれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新針の試聴

R0016765

今晩はSTS455Eを取付けて、クラシックのLPの片面を試聴。
問題なくトレースしてくれたようです。
次回はジャズのレコードにでも乗せてみるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえずデュアルにはこのカートリッジを装着

専用カートリッジホルダーにカートリッジを取付ます。
一つはSTS-455E。
音が歪む時があるようなので、先ずは以前入手しておいた針と交換します。
おそらくダンパーがダメになっていて、音溝をトレース出来ないのだと思います。
Photo_2
右は既設品、左はJICO製の交換針。こうして古いカートリッジが使えるというのはうれしいことです。
EE_2

取付位置はこんなふうに専用のゲージに差し込んで確認します。

At5v
二つ目はAT5V。
同じようにセットして取付完了。

次回はアームに取付てみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車走行レーンが増えるのは良いのですが・・・。

昨日は大宮まで自転車で出動。
Photo

ちょっと古いレコードを購入したので、こんなふうに積んできました。

Photo_2

ルートは自転車レーンが増えた国道17号線を走行。

さて、上の写真のような所は快適なのですが、場所によっては前の路側帯の白いラインを剥がした跡がゴツゴツで振動を受けたり、縁石と車道のアスファルトの境に溝や段差があったりと、かなり神経を使う場面に遭遇します。
なかなか整備も大変だと思いますが、せっかくの新設レーンを設けるならば、もう少し配慮をしてほしいと感じたのでありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«即決