« 都内ポタとF1展示会 | トップページ | 神宮外苑イベント訪問~続編 »

今日もまた都内ポタ

今日は、日本サイクリング協会主催の「神宮外苑サイクリングコース開設40周年記念イベント(5/4~5)」に行ってみました。最新自転車試乗会があるというので出掛けた訳ですが、期待していたスポーツ車系は3台ほど、約20台の試乗車の殆どは幼児座席付き自転車と子供用自転車でした。スケジュールに交通安全教室や自転車乗り方教室などが盛り込まれており、趣旨は小さな子供のいるファミリー向けのイベントだったようです。交通ルールを多くの人に知ってもらうためにも、このようなイベントが増えることを期待します。

Photo さて、試乗したのは丸石自転車のランドナー。リアの泥除けが分割出来たり、フロントフォークをヘッドチューブから抜くことが出来るという構造。クロモリフレーム、Wレバー式シフター、タイヤは650×38Cという仕様。三十数年ぶりに乗るドロップハンドル、Wレバーシフト車ですが、思っていたよりスムーズに走れ、サイクリングコース1周の試乗を楽しみました。乗り心地も良く、体に優しそうです。出来れば分解/組立ても試してみたかったですね。もう1台のドロップハンドル付き自転車も試乗しましたが、ややフレームの小さい(子供向け?)仕様で乗り難いだけでした。

2 試乗すると抽選会引換券がもらえます。2台乗ったので福引を2回挑戦でき結果は2回共2等賞(結構多くの人が当たっていましたが)、こんなQUOカードをいただきました。(1等賞は自転車、実車の展示がなく、どんな物かは不明です。)

Photo_2 イベント訪問の後は北の丸公園に向かい科学技術館内の自転車文化センターに寄り、友の会の会員更新をしました。プレゼントに自転車の絵柄の切手をいただきました。切手収集等の趣味はありませんが、こんな切手ですと眺めるのもいいものですね。

その後は帰る方向にある庭園に寄ってみました。駒込駅近くにある六義園と、その少し北側にある旧古河庭園です。今日はみどりの日でどちらも入園料が無料、久しぶりに鬱蒼とした木の中を気持ちよく歩きました。

雨が降ったり止んだり不安定な天候の中、足早に移動しましたが、クルマが少なく比較的スムーズに走行できました。

|

« 都内ポタとF1展示会 | トップページ | 神宮外苑イベント訪問~続編 »

走行日記」カテゴリの記事

コメント

bunaibuさん、こんにちは。
ワオツ、盛りだくさんで楽しさ満喫の一日でしたねえ。
丸石のランドナー、関心深いのですが、いまどき、レバーシフトはいかがでしたか。わたしは頻繁にシフトしますのでどうかなぁと思っています。色合いがABYの緑に似通っていますね。
QUO500に二連勝は、それでも大変なことと思っています。鶴亀鶴亀…、と唱えてください。
私の方は、自転車文化センター友の会の会員更新はまだです。近々行こうと思っていますが、その時まだ切手があるかどうか。

投稿: サスケハナ | 2008年5月 5日 (月) 16時37分

 bunaibuさん、こんばんは、カカポです。
 丸石のランドナー・・・良いですね。
 私は、高校生の頃、片倉シルクの輪行車に乗っていましたので
(あの頃は、トーエイのランドナーが頂点に君臨していました)、
ランドナーと聞くと懐かしいです。
 bunaibuさんや、サスケハナさんには、ランドナーが凄く似合いそうです。

投稿: KAKAPO | 2008年5月 5日 (月) 20時46分

サスケハナさん、こんばんは、コメントありがとうございます。
確かに今のシフターに慣れてしまうと、姿勢を変えなくてはいけない分、ダウンチューブに付いたレバーは操作が面倒です。この自転車のように輪行仕様などでハンドルが外せる構造の場合、こんなシフターが必要なんですね。
切手ですが、強運なサスケハナですから、きっとあると思います。
※イベント訪問の続編をアップしましたので、よろしければ見てください。

投稿: bunaibu | 2008年5月 5日 (月) 23時23分

KAKAPOさん、こんばんは、コメントありがとうございます。
ドロップハンドルにWレバー、随分と久しいので、懐かしさと新鮮さが入り混じった複雑な感触を味わいました。
ところで、マニアックな自転車に乗ってらしたんですね。今はもう無いのですか?。
今度、思い出話など聞かせてください。
東叡社、今は家から自転車で10分程の所にあることを知り、場所を確認に行ったことがあります。行ったところで何の意味も無いのですが、気になる存在です。

投稿: bunaibu | 2008年5月 6日 (火) 00時39分

bunaibuさん、こんにちは、KAKAPOです。
私が乗っていた輪行車は、フォークを抜くためのヘッドの機構に工夫があったりして、
エンジニアが頑張った設計でしたが、私としては、ヘッドを緩めてフォークを抜く
オーソドックスな方式に憧れていました。また、タイヤがオープンサイドにも関わらず、
サイズが1と3/8だったりして、随所に偽者っぽさがあり、今ひとつ好きに
なりきれないでいました。それでも、ハンドルを日東のランドナーバーに交換したりして
楽しんでいました。失ってしまった今となっては、とっておけば良かったと思います。

投稿: KAKAPO | 2008年5月 6日 (火) 13時01分

KAKAPOさん、こんばんは、コメントありがとうございます。
私からすると、羨ましい経験をされていますね。
私は中学~高校の頃、BS製の確かサンシャインスターとかいう名称の一般的なスポーツタイプの自転車に乗っていました。フレームがステンレスパイプで、チェーンリングが楕円、2×5の10段変速、テールランプにレンズが組まれていて、運転者の背中を照らし安全性を考慮・・・なんていう自転車でした。パンク修理の部品も持たず、結構あちこちへ無謀なサイクリングをしていたことを思い出しました。

投稿: bunaibu | 2008年5月 6日 (火) 20時09分

bunaibuさん、こんばんは

自転車の切手セットとは、よく考えられたお土産ですね。自転車好きは自転車がついていればなんでも喜ぶことを見透かされていますね。

投稿: みくま | 2008年5月 8日 (木) 23時32分

みくまさん、こんばんは、コメントありがとうございます。
その通りですね。きっと職員の方々も自転車好きと思います。

投稿: bunaibu | 2008年5月 9日 (金) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/41091990

この記事へのトラックバック一覧です: 今日もまた都内ポタ:

« 都内ポタとF1展示会 | トップページ | 神宮外苑イベント訪問~続編 »