« リムテープ点検(タイヤローテーション) | トップページ | 雨天走行 »

地元 荒川周辺ポタ

今日は、早朝からTVで北京オリンピックの自転車ロードレースを観戦。なかなかTVでも見る機会がないので、楽しませてもらいました。見ている最中は、中継が終了したら「走りに行こう!」と思っていたのですが、終了後は睡魔に襲われ、2時間ほど寝てしまいました。

そんな訳で走行は午後から。まず戸田ボートコースに行ってみるとインターハイのボート競技が開催されていました。Photo

しばし観戦。

Photo_2 Photo_4

会場でメーカーの展示ボートを発見。シートは自転車のスポーツサドルより遥かに固そう。オールを支持するステーはフォーミラーカーのサスペンションアームの様です。ボートもハイテクの固まりですね。

そして次は荒川CR途中にある岩淵水門へ、今日は水門と新河岸川の間にある「荒川知水資料館」というところを初めて覗いてみました。狭い館内ですが、興味深い展示品や写真が楽しめます。Photo_5 Photo_6

戸田ボートコース~戸田橋を渡り右岸へ~岩淵水門~鹿浜橋を渡り左岸へ~芝川水門、レストランさくらで休憩、。同じルートで戻り、右岸を笹目橋まで行き左岸に渡り再びボートコースまで戻りました。Photo_7

競技の終ったボートコースを後に、約31kmのポタを終えました。

|

« リムテープ点検(タイヤローテーション) | トップページ | 雨天走行 »

走行日記」カテゴリの記事

コメント

bunaibuさん、こんにちは。
サスケハナさんのカヌー体験以来、お船にちょっとだけ興味がある103です。カナヅチですが(笑)

やはり、自転車と船(カヌー等)は『人間の力で進む』という最大の特徴がありますから、ハイテク素材を使ったり、軽量化を目指すのは同じなんですね。
関宿の博物館も面白いですが、こちらは荒川ですね。どちらも先人の智恵を垣間見ることが出来そうですね。

投稿: 103 | 2008年8月11日 (月) 12時40分

103さん、コメントありがとうございます。
おっと、お仲間ですね。自分も水の中は苦手です。
荒川も大変な治水工事が繰り返され、現在のような憩いの場となったんですね。何気なく普段CRを走行していますが、私たちは幸せ者だと想いました。

投稿: bunaibu | 2008年8月11日 (月) 21時48分

bunaibuさん、こんばんは、カカポです。
お舟といえば、昔、先輩が山中湖で2人乗りのヨット(ディンギー?)に乗せてくれたことがあります。
音も無く湖面を滑るように走るヨットは、自転車以上の快感かもしれません。

投稿: KAKAPO | 2008年8月16日 (土) 21時19分

KAKAPOさん、コメントありがとうございます。
見事に揃ったオールの動きと水しぶきは、とても綺麗です。滑るように水面を進む競技ボートは、平坦な道を快走する自転車のロードレーサーと同じ様に、見ていても気持ちよさを感じます。

投稿: bunaibu | 2008年8月17日 (日) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/42127764

この記事へのトラックバック一覧です: 地元 荒川周辺ポタ:

« リムテープ点検(タイヤローテーション) | トップページ | 雨天走行 »