« 耳には夏の響き、目には秋の気配。 | トップページ | 結縁寺;ご開帳ポタリング »

見沼田圃の歴史散歩

先週も行って来た緑のヘルシーロード。今日はかみさんと二人で出掛けてきました。かみさんに距離を求めるのは酷なので、不似合いながらも社寺などを訪ねる散歩としました。

最初は国昌寺というところ。『開かずの門』という門があり、あの左甚五郎作といわれる龍の彫り物を見学。 かみさんは境内にあった文化財に指定された木を眺めながら、その木に生った実を摘まんで楽しんでいました。 Photo_10 Photo_4

次は見沼代用水西縁沿いにある『氷川女体神社』です。なかなか立派な鳥居と社でした。かみさんは境内にいた犬にまず注目。その後はきのこなどを見つけて楽しんでいました。

Photo_5 Photo_6

そして次は『旧坂東家住宅』です。1857年に建てられた農家の茅葺きの住宅です。土間では茅葺き屋根を保存維持するために、毎日囲炉裏に火を入れているそうです。鉄瓶で沸かしたお湯でお茶をサービスしてくれます。土間に展示されている「剣玉」でかみさんは遊び、自分は「こま」で暫し子供に帰りました。

Photo_7 Photo_8 Photo_9

遊んだ後はお昼です。先程の旧坂東家で教えてもらった蕎麦屋に向かいました。舞茸の天ぷら付きそばでお腹を満たしました。Photo_11

少し戻り『見沼自然公園』で食後の一休み、そして帰路につきました。帰り道、なんとへびが自分の前を横断。思わずウォー!!と大きな声を・・・、かみさんはそれを見てうれしそうです。なんでも行きの道々にへびが出てきそうな雰囲気なので、期待していたと言うのです。おかしなかみさんです。

天気にも恵まれ、久しぶりにのんびりした散歩を楽しみました。Photo_12

|

« 耳には夏の響き、目には秋の気配。 | トップページ | 結縁寺;ご開帳ポタリング »

走行日記」カテゴリの記事

コメント

bunaibuさん、こんばんは、サスケハナです。

きょうは奥さまとご一緒の素敵な一日をお過ごしのようで、コチラもほのぼのとします。
BIANCHIとPRIMAVERAお揃いで、私がこのアベック自転車に出会わしますと、きっと写真をいただくことになると思います。
28日、奥さまもご一緒というわけにはまいりませんか。

投稿: サスケハナ | 2008年9月23日 (火) 22時50分

bunaibuさん、おはようございます。
スポーツ・芸術・食欲の秋に、さらに歴史探訪も加えた贅沢な休日。
奥様と一緒に楽しんでいる様子が伝わってきます。

旧坂東家住宅での、
>土間では茅葺き屋根を保存維持するために、毎日囲炉裏に火を入れているそうです。
こういう努力のおかげで、古い文化を楽しむことが出来るんですね。もっとこういう風潮が見直されて良いような気がします。

投稿: 103 | 2008年9月24日 (水) 04時14分

サスケハナさん、コメントありがとうございます。
前回の上野までの走行もそうでしたが、走行するルートを知らない同伴者を従えての走行は結構大変ですね。サスケハナさんが奥様との走行のためにバックミラーを装備されたことが、良く分かりました。
かみさん同伴のお誘いをいただきましたが、残念ながらサークル活動の予定があるため、ご辞退させていただきます。よろしくお願いします。

投稿: bunaibu | 2008年9月24日 (水) 20時34分

103さん、コメントありがとうございます。
囲炉裏の件、私も知るまでは来訪者の多いと思われる休日だけのことかと想いました。より大勢の人々に知ってほしいものです。
初めてこの辺りを訪れた時から気に入っていましたが、ますます見沼が好きになって来ました。

投稿: bunaibu | 2008年9月24日 (水) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/42571580

この記事へのトラックバック一覧です: 見沼田圃の歴史散歩:

« 耳には夏の響き、目には秋の気配。 | トップページ | 結縁寺;ご開帳ポタリング »