« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

連休の仕上げは見沼散歩

久しぶりの3連休。1日目は会社の上司の付き合いで外出。2日目は雑用消化とちょっぴり自転車整備。3日目の今日、やっと自転車で走ってきた。

2日目に実施した自転車整備はABY号のチェーン交換と、ブレーキ調整など。チェーンは外して新品と比べてみたが思ったほど伸びはなく、まだ使えそう。ただチェーンの伸びや磨耗はチェーンリングやスプロケットにも影響大とのことなので、予定通り交換としました。Cnhg91_4  改めてよく見るとチェーンにはたくさんの刻印があり、こんな小さな部品になぜ?とつまらない事に疑問を持ったりしながら、作業を進めました。

そして今日、昨日の整備の具合も確認したくポタに出掛けました。午後から雨との予報から手頃な見沼方面を目指します。いつもなら見沼用水東縁(緑のヘルシーロード)を行くのですが、今回は西縁を上流に向かいます。Photo 写真は芝川に接続する通船堀に浮ぶカモ、これから益々数が増えそうです。

少し先に行くと、見沼氷川公園があります。夏の終わりにかみさんと散歩した時に訪ねた氷川女体神社の前に作られた公園で、初めて中に入ってみましたがこんな物がありました。Photo_5  唱歌「案山子」の記念碑です。作詞者がここ見沼に住んでいた人で、歌の発祥の地として記念に作られたようです。こういう意外な発見があると楽しいものですね。

ここからは想定している折り返し時間まで走行。大宮に入る少し手前まで行きUターン。Photo_6 Photo_7  行きは用水に沿った遊歩道(未舗装路)を主に走行。帰りはその脇に沿った舗装路を主に走行。自転車の変速具合も良好、ブレーキシューの当たり不良と思われた鳴きや振動も無くなり、自己流整備も成功の様子。

帰宅後すぐに雨がポツリ、ポツリと降ってきて、滑り込みセーフでした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

庄和排水機場地下放水路見学会

今日は、江戸川沿いにある庄和排水機場の地下放水路の見学に行ってきました。先ず江戸川を目指します。手賀沼方面に向かう時に使う草加流山線を川口から走行しましたが、日曜日と違い、自転車、オートバイ、クルマがとても多い。ちょうど通勤時間帯であったためでしょうが、土曜日に仕事をしている人が多いということを感じます。流山橋からは江戸川CRを北上し、無事9時半に到着。初めて流山橋から上流側の右岸を走行しましたが、少し狭いことを除けば、走り易い道です。自宅からちょうど40km、2時間半の行程でした。

場内はすでにたくさんの人、見学客の人達が列をなしています。案内所でパンフレットをいただき、列に参列。10時に地下放水路見学が開始されました。入口から階段を降りると、調圧水槽はなんともスゴイ空間。テレビで見た事はありましたが、やはり実物は迫力が違います。

Photo_3 Photo_42 7 Photo_5

写真にはありませんが、ここでバンド演奏や踊りのイベントが行われていましたが、なぜここで??。お祭りだからでしょうか。地上では、彩龍の川まつり・江戸川「カッパ市」というお祭り。フリーマーケット・物産展・マジックショーなどで賑わっていました。

会場から出ようと自転車を引き始めたとき、103さん、アシストさん、みくまさんご一行と遭遇。私が帰りを急いでいたため、僅かの会話しか出来ず残念でしたが、すぐにお別れです。皆さんの元気そうな姿を拝見できたのはうれしかったですね。

さて、帰り道に、また混雑した往路と同じ一般道を走行するのも嫌なので、試しに排水場の直ぐ側の国道16号線を走ってみました。16

もちろん車道はクルマが多いですが、路側帯や歩道がそこそこ広く、歩行者や、自転車が非常に少なかったため、快適に走ることが出来ました。岩槻まで国道を走り、途中で西方に行く先を向け、緑のヘルシーロードに向かうこととしました。こんな予定ではなかったため地図も持参していませんでしたが、幸い進路の勘が当たったようで、昼食に入った蕎麦屋さんで道を尋ねると、200m程の走行で見慣れた場所に出ることが出来ました。ここからは慣れた道を、周辺の紅葉した木々を楽しみながら帰る事が出来ました。Photo_6 庄和排水場から37km、昼食時間を除き、行きと同じ2時間半の行程でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008サイクルモード

昨年に引き続き、自分にとって2回目のサイクルモードに行ってきました。9時半過ぎにメッセに到着。チーム輪友の103さんも会場に来られるとのことでしたので、確認のメールを送ろうと携帯電話を開いたその時、103さんからメールをいただきました。私より少し早く入場ゲート前に参列された様子。その後、ラレーのブースで合流し会場散策開始です。

お互いにクロモリフレームの自転車に興味があることから、そんな自転車を見つけながら脚を進めます。そんな中、小さなブースで「華麗なる双輪主義」という本の著者が企画したいう自転車に遭遇。Dscf0934 ご本人から説明を受けました。Dscf0931_2 イタリアのメーカー(デダチャイ)のクロモリチューブ使用、トップチューブがダブルでヘッドチューブ側が湾曲しているのが特徴。ちょっと変わったドロップハンドルが付いています。昔のレーサーが使用していた物を基にNITTOにて特注製作したそうで、6通りのグリップスタイルが取れ、疲れ難いそうです。実際に自転車に跨り触ってみましたが、なかなか良さそうです。試乗コースに出る事は出来ませんでしたが、会場の通路でプチ試乗した103さんは好感触を得られたようです。来年から日直商会を通して販売されるとの事でした。

ひと通り会場を一巡した後、もう少し見学されるという103さんとお別れし、一足お先に私は帰路につきました。

昨年よりもかなり来場客が増えているようで(特に女性客が増えたような)、まさに自転車ブームを実感。103さん、今日はご一緒していただきありがとうございました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

今日は書店街をぶらぶら

昨日は良い天気の休日でした。何となく仕事の疲れが残っているようなので、遠出は止めて都内に出掛けてみました。パレスサイクリングで目星いレンタル自転車があれば、乗ってみようと向かいましたが、途中、神田神保町で古本祭りとブックフェスティバルが行われているのを見付け、年1度の催しだろうし折角だから覗いてみようと予定を変更。しかし、まだ時間が早いようで満足に店が開いていません。そこで少し間をおいて再訪する事とし、自転車であれば数分で行ける自転車文化センターを久しぶりに覗いてみました。

Photo_3 フランスのレンタサイクル「ブリベ」が展示されていました。少し離れて見ると、電動アシスト自転車のようにも見えます。重量は22kgとの表示があり、シマノの内装3段変速機、ハブダイナモが付いていました。以前とは少し変更された書棚を見ましたが、書店では見かけない雑誌(業界誌?)がたくさん有るんですね。

Photo_4 Photo_5

さて、神保町に戻ってみると、先程とは違ってどの店先にも大勢の人が溢れています。さすが東京、直ぐに人が増えます。どう歩こうかと思案していると、自転車を駐輪した交差点付近の路上でミニコンサートが始まりました。小気味良い音楽で、約45分間聞き入ってしまいました。その後、この路地を一巡し、簡単に昼食を済ませ神保町を後にしました。本の収穫は有りませんでしたが、楽しいひと時でした。

それから、秋葉原方面に向けて走り、湯島~根津~日暮里と抜け、舎人ライナーに沿って荒川に出ました。Photo

天気が良いからでしょうか。荒川CRは、夫婦と思われるペアで走行されている人が多いように感じました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ああ電気街

昨日、下の娘に付き添いをせがまれ、秋葉原に出掛けました。

久しぶりに電気街方面に行ったのですが、改めて変わってしまったな~と感じました。私が学生時代の頃は、パーツ、家電、無線機、オーディオなどの店で栄えていましたが、今はデジタルゲーム関連の店がなんと多いことでしょう。私のようなアナログ人間には、なんとも居心地の悪い街になってしまいました。

そんな秋葉原ですが、ここに来て、手ぶらで帰ったことが無い私は、以前から欲しいと思っていたヘッドフォンのことを思い出し、先ずは種類がたくさん有りそうな店を目指します。そこで運良くお気に入りのメーカーの、お手頃な在庫処分品を発見。(以前持っていたヘッドフォンのメーカー。そのヘッドフォンは誤ってゴミと一緒に捨ててしまったのでした。)レジで商品番号を伝えると、最後の1台でした。

Photo_2 行きは渋々と出掛けましたが、帰りはニコニコと、げんきんなオヤジです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »