« 菜の花に囲まれた江戸川CR | トップページ | 定番コースの都内ポタ »

チェーンリング・インナー交換

今日は午前中に予定の用事を済ませ、チェーンリング(インナー)を交換してみました。

Photo_9

右が標準装備の44Tリング、左が今回取り付けた41Tリング。歯数3の違いですが、こうして並べると結構大きさが違って見えます。このリングはNC7号を入手してすぐの頃、ブレーキレバーのゴムカバーを探しに訪問したショップで見つけ、\1,500-と比較的安価だったので購入しておいたものです。

仮付けしてギヤチェンジをしてみると、幸いに変速機のキャパシティー内のようなので交換に踏み切りました。

4144 歯の形もほぼ同じ、最近のものはもう少し尖っていますが、こういった古い物は富士山のような形です。右クランクを外すためにボルトを回すと、思ったより軽く回ります。組んでから少し走行したので緩んだようです。結構がっちり締め付けたつもりでしたが・・・

Photo_7 左側も確認すると、やはり少し緩んでいたので増し締めを実施。思い掛けない整備となりました。

さて、少し風の強い天候ですが試運転に出掛けてみました。

交換後の効果、印象については改めて書こうと思います。

|

« 菜の花に囲まれた江戸川CR | トップページ | 定番コースの都内ポタ »

NC7号」カテゴリの記事

コメント

bunaibuさん、こんばんは。

葉の数の違いって、本当に微妙で差があるのかなぁ?と思っていましたが、こうやって比べてみると結構大きさが違うものなのですね。
そして、歯の形。先日NC7号を拝見したときに感じた優しい感じは気のせいではなかったんですね。角が取れた丸い歯が好きになりました。

投稿: みくま | 2009年4月28日 (火) 00時09分

みくまさん、こんばんは。コメントをありがとうございます。
ギヤは花弁のように歯の形が揃っていた方が、見た目に安心感というか、優しい感じがしますね。私もそんな形が好きです。
最近のギアは変速性能を良くするために色々な歯型になっています。
見た目はともかく、それらパーツの変化によって誰でも同じ操作で同じ性能が手に入るようになったんですね。

投稿: bunaibu | 2009年4月28日 (火) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/44803334

この記事へのトラックバック一覧です: チェーンリング・インナー交換:

« 菜の花に囲まれた江戸川CR | トップページ | 定番コースの都内ポタ »