« 初夏の花見ポタ | トップページ | ただ走るだけ。 »

ルーブルは遠い・・・。

ルーブル美術館展を観ようと国立西洋美術館に行ってみました。

Photo 出発が予定より少し遅れて・・・、それでも到着は9時45分頃でしたが、さすがにすごい人気なんですね。既に入館を待つ人々で長蛇の列が出来ていました。しばらく待機しましたがなかなか列が進まない。遅くとも昼には上野を離れる予定でいたため残念でしたが鑑賞を諦めました。やはり相当に余裕を持って来ないとだめですね。

そんな訳で予定を変更。まだ行ったことの無かった旧岩崎邸庭園に行ってみました。

Photo_2 Photo_3

Photo_6 Photo_4 仕事柄、建築中のマンションや商業施設はよく見ますがなんとも味気ないものです。この建物を見ていて、タイムマシンがあるならば、どんなふうに建築が進められてきたのか作業風景を是非見てみたいものだなと思いました。自分が思っていた想像と違い外装も内装もイイ雰囲気で、いつかまた足を運びそうな気がします。

Photo_5 庭園内に咲いていたゆりです。

そういえば不忍池周辺ではアジサイに負けじと大きく綺麗な朝顔が咲いているのを見かけました。

|

« 初夏の花見ポタ | トップページ | ただ走るだけ。 »

走行日記」カテゴリの記事

コメント

 bunaibuさん、こんにちは、Kakapoです。
 私は、20年前にパリに行ったことがあるのですが、なんと一生に一度しか来ないだろうと思われるパリで、ルーブル美術館が改装のため休館という不運に見舞われました・・・代わりにオルセー美術館には行けたのですが、こちらでは、ドガの作品が展示してある部屋にたった一人、作品を独占して観ることが出来るという至福の時間を過ごすことができました。
 歴史に残る作品を観る機会は少ないので、訪れる人の気持ちも分かるのですが、小さなスケッチブックを持って出掛けるなど、自分自身で作品を生み出す活動もしたいものですね。

投稿: KAKAPO | 2009年6月14日 (日) 20時01分

bunaibuさん、こんばんは。

10時前でも長蛇の列でしたか…。いよいよ「ルーブル展東京」も終局で、混雑もひどくなってきたようですね。
でも、岩崎邸をご覧になれてよかったですね。こちらは私はまだ拝見したことがありません。岩崎と云えば、明日の月曜日、品川の開東閣(元岩崎氏の別邸)でハナと一緒にディナーをいただく予定があります。こちらの内外装もそれは素晴らしいものです。

投稿: サスケハナ | 2009年6月14日 (日) 20時13分

KAKAPOさん、コメントありがとうございます。
将来はカメラだけでなく、時には小さなスケッチブックを持って出掛けるサイクリストになりたいものだと思っています。

投稿: bunaibu | 2009年6月14日 (日) 22時09分

サスケハナさん、コメントありがとうございます。
いろいろあって早く家を出られなかったことが少し残念でした。
サスケハナさんが旧岩崎邸をご覧になっていなかったとは意外でした。開東閣は一般公開はされていないとのこと。
素晴らしい建物とディナー、とても楽しみですね。

投稿: bunaibu | 2009年6月14日 (日) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/45329951

この記事へのトラックバック一覧です: ルーブルは遠い・・・。:

« 初夏の花見ポタ | トップページ | ただ走るだけ。 »