« ラベンダーの花と香りを楽しむ | トップページ | 季節外れの彼岸花 »

カップ・コーンBBは膝にやさしい!?

約1か月前にNC7号のBBをカートリッジタイプから元のカップ・コーンタイプに交換して今日まで数回の走行をしましたが、感じているのがタイトルのことです。

カートリッジタイプは円筒にシールドベアリングとクランクシャフトが一体に組まれているので、カップ・コーンタイプに比べて剛性が高い。強くクランクを回した時にはその剛性がプラスに働くと思っているが、どうもNC7号(と私)には合っていなかったように思える。カップ・コーンタイプに替えてから、少ししなやかさを感じるようになったこと。それと膝関節の疲労感が以前よりもずっと軽い。1回の走行距離が50~100km程度での経験なので、まだ断言する自信はありませんが、とにかく変化があったようです。

そんなことを感じた今日は荒川はホンダエアポート付近まで、自転車体操に行ってきました。遅ーい朝食の後、NC7号で荒川の左岸を上流に向かいます。戸田橋の少し先からサイクリングロードに入り、彩湖~秋が瀬公園~上江橋の下を潜り細いサイクリングロードを進み、おなじみの榎本牧場で休憩。おやつ代わりにミルクアイスをいただきました。その後、太郎右衛門橋まで行きUターン。榎本牧場を過ぎ、少し先に行ったところのゴルフ場の側にあるうどん屋で遅い昼食。値段も安く、手軽に食事をするには良さそうなお店でした。帰り道は向かい風となり少々疲れましたが、いつもより多くのサイクリストと挨拶を交わしたり、気持ちの良い走行でした。

Photo_4 Photo_5 Photo_6 Dscf1704_2 Photo_7

|

« ラベンダーの花と香りを楽しむ | トップページ | 季節外れの彼岸花 »

走行日記」カテゴリの記事

コメント

bunaibuさん、こんばんは~

難しいことはわからないのですが・・・(ゴメンナサイ!)、bunaibuさんの身体に合っていたようで良かったですね~。長い時間、長い距離を共にするバイクですから、少しの違和感が身体の不調につながったりしますものね。

ところで、榎本牧場のジェラート羨ましいです!!
ジェラートが食べたくなる季節になりましたね。私もスタンプカードのスタンプを増やすために行かなくっちゃいけないなぁ。

投稿: みくま | 2009年7月 5日 (日) 22時41分

bunaibuさん、こんにちは。
自転車は少し手を入れると直ぐにその効果が判りますね。ごくごく些少な違いも100km走ると、クランクの回転一つとっても大変な回数ですから、大きな違いになってくるのでしょう。このことは、サドルポジションなどで何度も経験しました。今回のAnchorでも、同じようなもんと思っていましたが、使う筋肉がすこし異なるようで、思わぬ筋肉痛が出たりしています。

投稿: サスケハナ | 2009年7月 6日 (月) 16時32分

みくまさん、こんばんは。
ドロップハンドルにもだいぶ慣れてきたみたいで、肩や首の傷みも少なくなってきました。

ここのジェラートは昨年みくまさん達と食べて以来で、懐かしい味でした。
また皆さんと一緒に食べましょうね。

投稿: bunaibu | 2009年7月 6日 (月) 21時59分

サスケハナさん、こんばんは。
少しずつですが身体が馴染んできているようです。
BBの件は意外でした。このままイイ感じが続いてくれる事を内心期待しています。
ポジションも年齢や身体の変化に合わせ、常に調整が必要なものと思っています。
シンプルですが、自転車はとても奥が深いと改めて感じています。

投稿: bunaibu | 2009年7月 6日 (月) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/45548763

この記事へのトラックバック一覧です: カップ・コーンBBは膝にやさしい!?:

« ラベンダーの花と香りを楽しむ | トップページ | 季節外れの彼岸花 »