« メンテナンス記録 | トップページ | なんとなく海が見たくなって…。 »

ABY号ハンドル交換

Aby ABY号に乗り始めの頃、走行距離が延びるにつれて手首の痛みに苦しみ、思い切って交換したプルホーンバーによりそれが解消されて現在まで愛用してきました。

春からは駅までの通勤や買い物など近距離専用自転車となったABY号ですが、人・自転車・自動車が混雑する市街地走行ではブレーキ操作に難点が見えてきました。使っていたプルホーンバーは内側への曲がりがやや強いためか、ブレーキレバーの操作がやや窮屈でした。それが顕著に感じるようになったのです。

初めに装着されていたフラットバーに、BB号で使用していたグリップを取り付け、かみさんのビアンキ用にと買ったもののお蔵入りとなっていたバーエンドを取り付けて完成。調子を見るため、都内板橋へ以前から覗いてみたかった工具店まで一走りしてみました。

やはりレバーの操作がしやすいというのは楽で安全です。結局、久しぶりにABY号で2時間ほど走行しましたが、改めて市街地での乗り易さを確認することが出来ました。

Photo 途中、コンビニでの休憩でおやつ。

2度目ですが、これはうまいです。

|

« メンテナンス記録 | トップページ | なんとなく海が見たくなって…。 »

修理・整備」カテゴリの記事

コメント

bunaibuさん、おはようございます。
やはり「乗り方」が変わると、自転車に求められる性能も変わるんですね。当たり前のことのようですが再認識しました。
それにしても、ハンドル交換でABYの印象がずいぶん変わりますね。bunaibuさんのABYは「ブルホーン」というイメージが強いので、どこかですれ違っても分からなかったりして・・・

カルピスウォーター、そういえばまだ試していませんでした。早くしないと夏が終わっちゃう・・・かな?

投稿: 103 | 2009年8月30日 (日) 06時15分

bunaibuさん、こんにちは。

自転車いじりとはこのことでしたんですね。わたしも一度段差で手首にショックを受けて、医者を訪ねたことがあり、ハンドルバーには神経質です。(一発の注射を受けて治りましたが、いまも疲労が高じますとイヤな感じがします)。今回の整備で調子良くなるいいですね。
街乗りにはABYに限りますね。乗り易くてそれなりにファッショナブルで駐輪にも気を使わないし。
この記事を機に、カテゴリー「自転車いじり」を通して拝見しましたが、あらためて勉強になりました。

投稿: サスケハナ | 2009年8月30日 (日) 11時32分

 bunaubuさん、こんにちは。かかぽです。ABY号のブルホーンバー・・・日本が誇るBS製の自転車としては、ちょっと無責任な感じがしていました。あのバーを採用するのなら昔のランドナーのようにギドネットレバーを採用するべきだと思っていました。bunaibuさんのABY号に試乗させていただいた時は違和感はなかったのですが、それは路面が良かったからだと思います。フラットバーの良さは、なんといっても路面が悪い時の抑え込みがしやすいことだと考えています。 最後にバーエンドがふさがっていないように見えるのですが、画像のせいでしょうか?エンドがふさがっていないと万が一の時に重篤な事故につながりますので、ふさいでおいてくださいね。エンドキャップが無かったら私の家に4個ありますから仰ってください。

投稿: かかぽ | 2009年8月30日 (日) 15時11分

103さん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
手首や腕の疲れを押えることを優先してプルホーンバーを使っていましたが、ほぼ街乗りオンリーになると、やはり舵取りのし易さやブレーキの操作を優先するほうが楽で安全だと言うことが判りました。

このアイス、昨日は3件目のコンビニでやっと見つけました。みくま家には冷凍庫にストックされているそうです。

投稿: bunaibu | 2009年8月30日 (日) 16時06分

サスケハナさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
以前にもお話しましたが、当時、フラットバーで50~60km以上走行すると決まって手首が痛くなりました。NC7号が健在の内はそんな距離をABY号で走ることは少なくなるだろうと思い、操作性を優先して交換に踏み切りました。
街乗りにはABY、同感であります。

投稿: bunaibu | 2009年8月30日 (日) 16時30分

かかぽさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
私が装着していたバー(ニットーB261AA)は、アビオスツアラーの物とは別物なのです。ツアラーのバーはほぼ直線的な形状で、前に突出ている部分も内側への絞りがない感じです。よって、普通のレバーでも問題なく操作出来るのではないかと思います。乗ったことが無いので想像ですが。(ゆるさんのラレーのバーがこのタイプだと思います。)

紛らわしい写真ですみません。ご安心ください。バーエンドキャップは付いています。
かかぽさんらしいご配慮を頂き、ありがとうございます。

投稿: bunaibu | 2009年8月30日 (日) 17時24分

 bunaibuさん、たびたびどうもです。
 そうなんですか。bunaibuさんのABYハンドルは、ツアラー用のものではなかったんですね。相変わらずの早とちりで申し訳ございません。
 実は、私、BS&anchorの良心的な仕様には敬服しているのです。富士山スカイラインを下った時、平均7%の坂を15kmブラケットの上からレバーを握りつづけて下ることが、初心者にとってどれほど辛いか思い知ったのです。anchorのEXシリーズは、セフティレバーが標準で、初心者が出あうであろう困難な状況に転ばぬ先の杖を用意してくれています。BS&anchorには、これからも良い商品を出し続けてほしいと思っております。

投稿: かかぽ | 2009年8月30日 (日) 17時59分

bunaibuさん、こんばんは。

ABYのハンドルが変わると全然イメージが変わるものですね。10さんも書かれていますが、bunaibuさんだと気がつかないかも。気をつけなくっちゃ。

カルピスウォーター、リピートされたんですね。自転車に乗った後は食べたくなりますよね~。今もうちの冷凍庫にはたくさん入っていますが、涼しくなってきちゃったので早く食べなくっちゃ。

投稿: みくま | 2009年8月31日 (月) 22時07分

かかぽさん、おはようございます。
私が昔乗っていたBS製自転車のドロップバーのブレーキにもセイフティーレーバーが付いていました。上ハンを握っている時には、とても有効であったことを覚えています。
こういう部品の製造や、メーカーの良心的な姿勢はいつまでも続いてほしいですね。

投稿: bunaibu | 2009年9月 5日 (土) 09時13分

みくまさん、コメントをありがとうございます。
ハンドルを替えて、イメージもそうですが、操縦性もずいぶん変わることを久しぶりに体験しました。
カルピスウォーターアイス、慌てて食べてお腹を壊さないでくださいね。

投稿: bunaibu | 2009年9月 5日 (土) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/46062846

この記事へのトラックバック一覧です: ABY号ハンドル交換:

« メンテナンス記録 | トップページ | なんとなく海が見たくなって…。 »