« 稲刈りが始まった見沼田圃 | トップページ | 鉄博ポタ »

NC7号の清掃整備

NC7号の初期整備をしていなかった箇所の整備をしてみました。

Photo_3 Photo_4 先ずはチェーン。古いオイルが黒くこびり付いてはいましたが、錆びも無く、また動きも固くなかったことから注油だけで今まで過ごしてきました。先日の走行でタイヤが跳ねあげた路面の砂や細かい木屑がチェーンにもたくさん付着したため、思い切って洗浄してみました。

洗浄クリーナー液に漬け置きし、指で撹拌すると液が真っ黒に、さすがにこんな程度では古い硬化したオイルは取れません。(手がギトギトになったので写真は無し)漬けた状態で歯ブラシでゴシゴシすると、大分きれいになりました。仕上げにフィニッシュラインのオイルを注油して完了。(写真左が洗浄前、右が洗浄後。)

Rd 次はRDのプーリー。チェーンをクリーナーに漬けている合間に清掃、軸受のリングの内側に僅かな錆びがあったので、錆を落とし、注油をして取り付けました。

Photo_5 Photo_6 Photo_7 最後はヘッドセットです。走行後はいつもワンの下の隙間から黒くなったグリスが滲んでいました。ガタは発生していませんが、早く清掃整備をしてみたかった部分です。ロックナットは難なく外れました。その下は球押し固定リングだと思いますが、BBのロックリングと同じように外周に3カ所の溝があります。手持ちのリング回し工具をあてがってみますが、寸法が合わず工具の爪が掛かりません。無理をして溝を変形させたり、キズだらけにはしたくないので今回は断念し見送ることとしました。工具を探して、また再挑戦するつもりです。

|

« 稲刈りが始まった見沼田圃 | トップページ | 鉄博ポタ »

NC7号」カテゴリの記事

コメント

あ~。
ヘッドセットの分解はまだやったことないや。
なんとなく「ベアリングのアタリ」とか言うと、難しそうですよね。それでもハブは仕方なくやっちゃうんですけど、自分のやり方が合っているのかどうかは、本を読むだけじゃなかなか分かりませんよね。

投稿: 103 | 2009年9月20日 (日) 20時44分

 bunaibuさん、こんばんは。かかぽです。
 こうしてbunaibuさんが点検・整備をなさったというエントリーを拝見すると、自分が点検・整備嫌いだということが自覚できます。
 オイルは差しっぱなし(一度ぐらいディスグリーザーを吹き付けたぐらいです)。ヘッドは締めっぱなし(SEMAS-CR-1は、2度ほど緩みました)です。
 自転車屋さんによると、古いバイクはワンが換えられるのですが、新しいバイクは、ワンを傷つけてしまうと、だましだまし乗るしかなくなるそうです。気をつけなければいけないですね^^;

投稿: kakapo | 2009年9月20日 (日) 23時18分

bunaibuさん、おはようございます。
整備に余念がありませんね~。チェーンのbefore&after、同じものとは思えません。わたしも近頃は整備にソコソコ時間をかけていますが、このヘッドとかはさわるのに躊躇します。デリケートなねじ締め強度の課題などがあって、元に戻らなかったらどうしようと思ってしまうからです。

投稿: サスケハナ | 2009年9月22日 (火) 09時57分

103さん、コメントをありがとうございます。
本当にその通りですね。
文章や写真では加減が解らないので、結局は自分の経験と勘が頼り。
自分はまだハブの球当たり調整は未経験ですが、ヘッドセットよりもハブの方が調整は難しいと想像しています。

投稿: bunaibu | 2009年9月22日 (火) 21時11分

kakapoさん、コメントをありがとうございます。
点検・整備は好きですが、普段はkakapoさんと変わらないと思いますよ。今回のチェーンだって約33年前の固着したオイルをそのままにしておいたのですから。
私もABY号のヘッドにガタが出て、引き上げボルトとステムの固定ボルトを3回程調整・増締めしたことがあります。アヘッドって意外と緩むんですね。

投稿: bunaibu | 2009年9月22日 (火) 21時28分

サスケハナさん、コメントをありがとうございます。
この日も走りに出掛けるほどの時間が無かったため、工具を手にしたような次第です。
いじったことの無い部分を触るのは不安です。特にベアリングが入っている部分は尚更ですよね。
何事も経験と思いながら、楽しんでいます。

投稿: bunaibu | 2009年9月22日 (火) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/46261309

この記事へのトラックバック一覧です: NC7号の清掃整備:

« 稲刈りが始まった見沼田圃 | トップページ | 鉄博ポタ »