« 荒川ウォッチングポタ | トップページ | 神保町~北の丸公園~北参道訪問ポタ »

ステムの交換

先週から左膝が時々痛い。自転車に乗っているときはほとんど感じませんが、立ったり座ったり姿勢を変えたときに痛みが出ます。そんな訳で今日は走行を控え、NC7号の部品交換とかみさんのビアンキの注油メンテを実施。

Photo_28月頃から少しハンドルが遠いかな?と感じてきたので、思い切ってステムを交換してみました。スレッドステムの交換作業は初めてではありませんが面倒です。バーテープを剥がしたり、ブレーキレバーを取り外したり、アヘッドステムとは比べものになりません。

元のステムは突き出し寸法が90mm。当初、交換するなら70mmでもいいかなと思いましたが、サドルなどの位置調整で10mm程度の変更でも違いが出ることを経験していたので、今回は80mmにしてみました。交換後、さっそく買い物ついでにチョイ乗りしてみましたが乗った瞬間に違いが感じられました。しかし、そこそこの距離と時間を掛けて走ってみないと良否の判断はつかないでしょう。今後の走行が楽しみです。

Photo_3 こちらは元のステム。名称の刻印などに古さが感じられます。

|

« 荒川ウォッチングポタ | トップページ | 神保町~北の丸公園~北参道訪問ポタ »

NC7号」カテゴリの記事

コメント

 bunaibuさん、おはようございます。
 アヘッドタイプと違い、スレッドタイプは、高さを簡単に調整できるのが魅力ですね。
 2010年モデルでは、anchorRnc3もアヘッドタイプになってしまったため、スレッドタイプのステムを持つロードバイクは、貴重な存在になると思います。

投稿: kakapo | 2009年10月 7日 (水) 06時03分

kakapoさん、こんばんは。コメントをありがとうございます。
古い外国製の自転車に突出し調整の出来るスレッド型(と言っていいのか解りませんが)ステムが付いているのを見たことがあります。
武骨で形は好きになれませんでしたが、こんなパーツがあるんだ~と感心したことがあります。
近い将来、マスプロメーカーのスポーツ車からはスレッドステム仕様がなくなりそうですね。

投稿: bunaibu | 2009年10月 7日 (水) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/46394927

この記事へのトラックバック一覧です: ステムの交換:

« 荒川ウォッチングポタ | トップページ | 神保町~北の丸公園~北参道訪問ポタ »