« 2010ハンドメイドバイシクルフェア | トップページ | 2009年 大晦日 »

チューブラータイヤの試み(ホイール復活その1)

Photo NC7号の入手時に付いていたホイールはチューブラーホイール。そのホイールからスポークを取り外し、ハブだけを転用して組んだ新規のWOホイールを装着して乗り始め、今も使用している。

そんなWOホイール+タイヤに不満がある訳ではないが、秋頃からなんとなくチューブラータイヤに興味が湧き使ってみたくなった。写真のリムに合う36穴のハブが入手出来たので、先日23日にリムとハブをショップに持ち込みホイール組みを発注。出来上がりは年明けの予定。さて、初心者が使うチューブラータイヤは何がいいのだろう。

2009cr 2009年、我が家のクリスマスケーキ。

|

« 2010ハンドメイドバイシクルフェア | トップページ | 2009年 大晦日 »

NC7号」カテゴリの記事

コメント

 bunaibuさん、おはようございます。
 よく乗り心地が良いと、悪魔のささやきが聞こえる?チューブラーですが、ロードレースではクリンチャーではなくチューブラーが使われていることから、極限状態?ではチューブラーの優位性が明確なのだと思われます。そのメリットとは、ホイール外周部が軽量であることだと思われます。タイヤの内圧にリムが耐えなければならないクリンチャーと、タイヤそのもの完結するチューブラーでは、リムの重量が100g程も違うことがあるようです。

投稿: kakapo | 2009年12月27日 (日) 07時16分

 bunaibuさん、たびたびどうも。
 サイクルスポーツのこの記事が参考になるかもしれません。
 商業的な意図も、それほど感じられませんしね^^;
http://www.cyclesports.jp/magazine/2008/0807/index.html

投稿: kakapo | 2009年12月27日 (日) 08時04分

kakapoさん、コメントをありがとうございます。
記事まで教えていただきどうも!参考にします。
自分に使えそうな商品を、ゆっくりと検討してみるつもりです。

投稿: bunaibu | 2009年12月28日 (月) 21時35分

今年もよろしくお願いいたします。
コメント遅くなりましたが身近で手に入るタイヤですと
Vittoriaのラリーがあります。これとてもリーズナブルな価格です。これよりちょっと高いのがVittoriaのStradaがありますが、置いている店に限りがあります。これとても良いです。あとパナソニックのpracticeこれも良心的価格です。これ以外は1本8千円以上で、VittoriaならCorsa Evoあたりが評判良いです。チューブラーにされてNo Tubes(パンク防止剤)入れればクリンチャより楽だと私は思っています。あと、チューブラーの場合タイや取り付けた後のセンター出しがとても重要です。(チューブラーテープだと、この作業楽です) では、ゆっくり楽しんでください!

投稿: kaccin | 2010年1月 2日 (土) 16時58分

kaccinさん、本年も宜しくお願いします。
大変参考になるコメントを頂きありがとうございます。
現在は教えていただいたパナのプラクティスを第一候補としています。
ホイールが組み上がり、タイヤが装着出来たらご報告します。
ご一緒出来る日を楽しみにしています。

投稿: bunaibu | 2010年1月 3日 (日) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/47114284

この記事へのトラックバック一覧です: チューブラータイヤの試み(ホイール復活その1):

« 2010ハンドメイドバイシクルフェア | トップページ | 2009年 大晦日 »