« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

見沼の風景 2011.05.08

Photo_3

Photo_4R0011793_2  Photo_5 Photo_6

桜の花見から約一カ月ぶりに見沼を訪ねてみました。森の緑もすっかり濃くなり、色々な花によって風景が彩られています。今日は陽射しが強く、今年初めての木陰を選んでの走行となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアセーフティーランプを装着(NC7号)

先日の自転車通勤をした出勤日に、昼休みの時間を利用してNC7号にリアランプを装着しました。先ずはランプの購入に走ります。

R1 向かった先はワイズロード環八・R1号店。会社から多摩川左岸を下流に向かって走行、10分程で到着。ランプの選定基準は、なるべく小さいこと。点灯モードがあること。フロントランプと同じく電源は単四電池であること。脱着が容易であること。の四つでした。

Photo_7 Photo_8 Photo_9 購入したのはこのランプ。帰宅走行時に点灯してみましたが、まあ明るさも十分という感じです。これでナイトランも少し安心感が増した気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

実際に曲がりを見る。

昨日5月4日は自宅から勤め先まで自転車通勤をしてみました。少し出遅れたため、行きは遅刻をしないようにと、休憩もそこそこに会社を目指しました。

一方、帰り道は段々と暗くなることもあってのんびりと走行。国道一号線を上り、三田まで来ると正面に東京タワーが見えます。

T_2 先日の地震以来、ライトアップされていないせいか静かな感じがします。すっかり忘れていましたが、地震でアンテナが曲がったという報道を思い出し、この先の赤羽橋の交差点から観察してみました。

Photoアンテナがどれだけ振れたのか想像もつきませんが、これも想定外の被害でしょう。自然の力の恐ろしさを改めて感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川CR同伴走行、河口~上尾(榎本牧場)まで制覇。

昨日は久しぶりにかみさん同伴で荒川CRをサイクリング。昨年の秋に次女の通う高校の文化祭を見に行った時以来のサイクリングで、半年振りになります。

タイトルの行程も1回のものではなく、実は2回のサイクリングで達成したもの。1回目は昨年の初夏の頃、戸田橋から河口まで行き、葛西臨海公園までの往復サイクリング。それと昨日の戸田橋から榎本牧場までのサイクリングを合わせての記録となります。普段からご夫婦で走行を楽しんでいる方々には大した事では無いと思いますが、私達にとっては想ってもみなかった走行記録となります。

今回、そんな記録のきっかけを作ってくれたのがチームメイトの103さんご夫婦でした。「4月30日は荒川を走りに行くので一緒に走りませんか。」というお誘いいただき実現したものです。

待ち合わせ場所は秋ヶ瀬公園。103さんご夫婦は公園までクルマで来られるとのこと。こちらは戸田橋から荒川CR左岸を上流に向かいます。約束の時間に遅れることなく無事に合流。4人揃っての再会は昨年のもてぎサイクルモードエコクラシック参加以来となります。しばしの雑談とこの日の走行予定を確認して出発。一応地元ということで自分が先導し、羽根倉橋より上流側に向かいのんびりと走行。JR川越線の踏切を越えて上江橋をアンダーパス、そのまま荒川左岸側を進みます。そして少し早目の昼食。

Photo Photo_2 上尾の丸山公園北口前に店を構える「わかお」という手打ちそばのお店。この辺りでの食事経験の無い私と103さんが、たまたま揃って検索していたということで即決したお店でした。

Photo_4 注文したのはざるそばと小天丼。朝ご飯が早かったせいか、二品をぺろっと平らげましたが、味も価格も十分満足でした。

Photo_5 昼食の後は榎本牧場へ。動物好きのかみさんをいつかは連れてこようと思っていた処。いつものことですが牛やブタを撫でまくっていました。

Photo_10Photo_11 牛とブタのいる厩舎ではこんな子ブタも販売していました。我が家に広い庭があったとしたら、きっとかみさんは欲しがったと思います。

103 いつも場を和ませてくれる103さんは、こんな乗り物に挑戦。器用に乗りこなしていました。

のんびりとした後はお決まりのアイスクリームを食べ、牧場を後にしました。やや向かい風の中を往路と同じようなペースで走行し、無事に出発地の秋ヶ瀬公園に帰還。お二人と別れ、かみさんと楽しかった一日の事を語りながらながら帰宅の途に付きました。

Photo_8 思い出深い一日をご一緒いただいた103さんご夫妻に、感謝の休日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »