« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

シフトワイヤー補修

FPhoto  昨日の接触事故でFシフトワイヤーとRブレーキワイヤーが破損していました。どちらもアウターワイヤーのエンド部分を強く押された様子です。

F_2 今日はシフトワイヤーのみ補修を実施。インナーワイヤーを抜いて、アウターエンドを少しカットし組み直して完了。

ブレーキワイヤーは操作時に少し抵抗を感じる程度で、効き具合に問題はないので後日改めて補修することにしました。アジャスターの傷を見て、自分の手や指にケガが無くて良かったものだと改めて感じたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前向きに。

昨夜、駅からの帰宅途中に「無灯火・右側通行」で走ってきた自転車と接触する事故に遭いました。幸い身体にケガはありませんでしたが、アビオスの左ブレーキとクランク廻りに違和感があり、不具合(破損?)が起きたようです。どうもこのところ運が悪いようで、自転車の損傷が重なります。

現場は住宅街の中の道幅4.5~5m程の一車線道路、信号も無いやや見通しの悪いT字路交差点で、街灯の明かりも届かないかなり暗いところ。左折するために手前で安全確認し、徐行で曲がり掛けたと同時に目の前に相手が突っ込んで来たという状況でした。こちらの左側に入ってきましたので、相手はかなり右路肩側を走行していたと想像できます。せめて前照灯を付けてくれていれば存在が判り接触は避けられたのではないかと思うと、とても残念です。

自分にとって駅までの自転車通勤は気分転換の時でもあり、出来るだけ気持良く走りたいもの。来週からはこの交差点を避ける走行ルートに変更しようと思っています。マナーの良い自転車が増えることを期待しますが、ここは先ず自分から安全そうなルートを模索してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転倒の傷跡2

Photo 昨日の日曜日のこと。見沼代用水東縁の近所にある菖蒲園の花の咲き具合を偵察にNC7号で出掛けたのですが、走行当初よりチェーンの回る音の異常とクランクに僅かに感じる抵抗が気になっていました。フロントディレイラーのガイドにチェーンが擦れているのかと思い、休憩時にチェックしたのですがどうも違う様子。

Photo_4 帰宅後にリアディレイラーを見るとガイドプーリーが少し外側に開いていて、チェーンラインが真っ直ぐになっていませんでした。ディレイラー本体の歪みか、またはディレイラーを固定しているエンド金具が変形してしまったようです。おそらく先日の転倒事故が原因だと思います。右側には倒れなかったので直接ヒットはしていないと思いますが、転倒直後にチェーンがスプロケットとエンド金具の間に挟まっていたのを慌てて外したために無理な力を加えてしまったのかもしれません。

次の休日に直そうと思っていますが、自分で試みて良いものかショップに持ち込もうかと迷っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転倒の傷跡

Photo 2週間前の日曜日、ちょっとした不注意からNC7号で走行中に転倒。右腕の肘と左足の脛に小さな切り傷、それとお尻から背中に掛けて打撲を負いました。切り傷の瘡蓋が取れ、打撲の痛みもほぼ感じなくなったので、今日はNC7号を点検。フレームの異常やホイールの振れも見当たらず幸い特に問題は無さそうで、歪んだ泥除けのステーの修正とリアディレイラーのワイヤーの張り修正程度で済みました。

最後に気が付いたのがサドルの傷。見る度に安全運転を意識するように、これはこのままにしておきます。

R0011815 点検の後、買い物のついでに荒川CRを少し試走しましたが、久しぶりに緊張した走行となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »