« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

駐輪場の風景

Photo


駅までの自転車通勤で利用している駐輪場で、普段あまり見掛けないハンドルの自転車が並んでいたので写真を撮ってみました。

手前右がMyアビオス、中央の水色と左の黒い自転車はどちらもライトウェイ製でした。中央のハンドルはフラットバーを少し内側に曲げた形状。左のハンドルはバタフライ型?と呼ばれていたような・・・。

ところで、乗り物の中でも自転車のハンドルほど形状が多彩なものは無いのではと思いますがどうでしょう。

この駐輪場でも、この頃は古いマスプロスポーツ車やスポーティな自転車と遭遇することが多くなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アビオスのクランク交換

Photo_3現在のアビオスのチェーンリングの仕様は48-34Tですが、去年からもう少し小さなアウターリングを試してみたいと思っていました。(写真は4年前に取付けた時の既設クランク。50-34T)
ただ、シマノの純正として歯数46とかのチェーンリングが無かったため踏み切れずにいたのですが、今年の夏、替歯の豊富なスギノのクランクセットの特価品をみつけ思わず購入してしまいました。

Photoそして先日、クランクの交換を実施しました。先ずは既設のシマノ2ピースクランクを取り外す工具を入手するために店巡り。専用工具(シマノホローテックⅡ用)は各社から販売されていますが結構高い。そんな中、シマノのTL-FC32という商品が千数百円で販売されていることが分かりました。在庫の有りそうなをところを狙って行くと、幸いに2件目に訪問した鳩ケ谷市内の自転車店で入手することが出来ました。

Photo帰宅後、早速交換作業に取り掛かります。右が既設のシマノFC-4550-S(アウターリングは非オリジナル)、左が新規のスギノXD-2クランクです。XD-2も48-34T、PCD110のコンパクトクランク。

Photo_2仕様の違いはクランク長で、4550は170mm、XD-2は165mmです。クランク長165mmのNC7号に乗るようになって判ったことですが、自分の体格では165mmの方が具合が良いような気がします。

Photo_6そのうちにアウターは44~46T位のチェーンリングに交換するつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アビオスのハンドル交換

PhotoPhoto_3


アビオスのハンドルを交換しました。(NITTO B307AA)

今年の夏頃から、狭い間隔での駐輪を強いられる駐輪場対策として、幅の狭いアップターンハンドルが無いものかと探していました。手持ちのハンドルで解決するにはフラットバーの幅を切り詰めるのが一番手っ取り早いのですが、過去の経験からフラットバーは手首が痛くなってしまい自分には合わない。

先日、ある自転車屋で懐かしいセミドロップ風ハンドルを見掛け、握ったり裏表にしたりしながらイメージし、これは良いかも!と判断。

今日、注文した地元のセオサイクルからハンドルを引取り、早速取り付けてみたと言う訳です。

ブレーキレバーやシフターは既設の物を流用。ハンドルの高さや角度の調整は明日以降の課題です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »