« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

やっと咲き始めたという感じ

PhotoPhoto_3Photo_4Photo_7

目標と言うほどおおげさなものではありませんが「今年は昨年よりも自転車に乗ろう」と思っています。なかなかカレンダー通りに休めない状況の中、幸い2月はほぼ週一の休日に自転車で出掛けることが出来ました。

先日の日曜日も身体は疲れ気味でしたが、午後から大宮公園の梅園まで行ってきました。想像はしていましたが、ここの梅も開花は例年より遅れているようで、紅梅以外の花はやっと咲き始めたという感じで、見頃はもう少し先のようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インナーワイヤープライヤー

Photo_2Photo_3先日、インナーワイヤープライヤーが特価品として(\800-)売っていたので購入してきました。

日曜日にブレーキ交換をした際に使用してみましたが、とても楽に作業が進みました。

今までは、ブレーキアーチを片手で絞り、もう一方の手でプライヤー等でワイヤーを挟み押さえてロックナットを締めるというやり方で作業していましたが、微調整に苦労していました。これを使うとそんな作業を一発で決めることが出来る。やはり専用工具は便利です。

頻繁に使う工具ではありませんが、安価だったこともあり、良い買い物だったと悦に入っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブレーキレバー交換(セーフティーレバー取付)

ドロップハンドルの上を握っている時のブレーキングが楽に出来るようにと、ギドネットレバーに交換して約半年が過ぎましたが、ギドネットレバーに慣れるに従って、中・高校生の頃に使った経験のあるセーフティーレバー付きのフーテッドレバーを、今一度使ってみたく興味をもっていました。しかし、セーフティーレバーは現在製造はされていないし、いままで訪問したショップでも見掛けることがなかったため、諦めていました。

ところが、先週、小物を購入に墨田区のスポーツサイクルIに行った際、断腸亭さん が同じ物を探している事を思い出し、ダメもとで店主にセーフティーレバーの事を聞いてみると「ありますよ。」と・・・。何種類かのブレーキレバーが陳列されているフックバーの奥にぶら下がっていました。何度か買い物に訪れてはいましたが、全く気が付きませんでした。

B_4自分のブレーキレバーに合うものか?と聞いてみると「おそらく合うよ。だめなら持っておいでよ。」というので即購入しました。帰って合わせてみると組み付け可能と確認出来ました。(写真はNC7号を入手した時のもの。)

Photoそして昨日、しばらく使っていなかったブレーキレバーにセーフティーレバーをセットして、ハンドルに組付けました。ギドネットレバー取付時にカットしたアウターは短いので再利用出来ないことから、新しいアウターに交換。インナーは以前外してストックしていたものを再利用しました。

R0012888装着後、近所を試走してみました。三十数年振りの感触が懐かしいというか、違和感もなく好印象を得ました。

少し遠回りをしましたが、自分に合うブレーキレバーが出来たようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

シクロクロス東京2012観戦

PhotoPhoto_2Photo_3Photo_4Photo_5Photo_7

今日はお台場海浜公園で開催された「シクロクロス東京2012」を観戦してきました。

想像していた以上に過酷なコースを激走する選手に、パワーと、改めて自転車の面白さを教えて貰った気がします。

こういうレースが益々増えることを期待します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ルート確認(お台場海浜公園まで)

PhotoR0012797Photo_2Photo_3Photo_4


Nc7


2月11日はお台場海浜公園で開催されるシクロクロス大会の観戦に行く予定です。当日は自転車で出掛けるつもりなんですが、この公園には訪れた事が無いことと、道に迷う事の無いようにと思い、今日は下見に行ってみました。

いつも都心方面に向かう一般道を進み、東京駅前でちょっと休憩。前回通り掛かったのは、昨年の秋だったと思いますが、その時の駅舎は全面シートで覆われていたような気がします。今日はシートの一部が取れた改修後の駅舎を見ることが出来ました。その後は有楽町駅から晴海通りを走り、銀座~築地~晴海を抜けて台場へ。日曜日でクルマが少なく走り易かったため、家から一時間半程で到着。道も判り易く、当日も迷うことは無さそうです。

自転車で砂浜に入ってみましたが、抵抗が大きくて、スリックタイヤと私の脚力では、前に進めませんでした。選手達がどんな熱戦を見せてくれるのか?とても楽しみです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »