« もっと早く開けるべきだったか | トップページ | なかなか面白かったポタリング »

ディレイラーの荒療治と再装着

Photo先日、リアディレイラーのケージテンションスプリングのメンテナンスをしましたが、眺めていると何かおかしい事に気付きました。
なんと奥のパンタ部から出ている変速ワイヤーアウター受けが曲がっていました。
(スペアを確認してみると、パンタとアウター受けが平行でした。こちらは写真の通り歪んでいます)
おそらく昨年の5月に転倒した時に地面に当たり、変形したものと思われます。その時、フレームエンドの歪みはショップで修正しましたが、この損傷には気が付きませんでした。

Photo_2そこでウォータープライヤーなどの工具を使って、エイッ!ヤッ!と力任せに歪みの修正をしてみたところ、どうにかそれらしい形に戻ったので再装着。
古いアウターワイヤーもブレーキアウターと同様にブルーに交換してみました。

Photo_3ついでにチェーンとフリーも清掃。
久しぶりに駆動系がきれいになってちょっとスッキリしました。

|

« もっと早く開けるべきだったか | トップページ | なかなか面白かったポタリング »

修理・整備」カテゴリの記事

コメント

あ~。
それでアウター交換されていたんですね!happy02

投稿: 103 | 2012年3月25日 (日) 21時06分

103さん、コメントをありがとうございます。
忙しくて遅レスとなってしまいました。

そうなんです、メンテのついでにちょっとオシャレしてみましたcoldsweats01

投稿: bunaibu | 2012年3月29日 (木) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/54296074

この記事へのトラックバック一覧です: ディレイラーの荒療治と再装着:

« もっと早く開けるべきだったか | トップページ | なかなか面白かったポタリング »