« なかなか面白かったポタリング | トップページ | 4月1日の荒川・見沼 »

もっと早く開けるべきだったかⅡ

今日も悪天候という天気予報で自転車での外出は諦め、アビオスを少しメンテナンスしてみました。
2007年4月に購入して以来、いじっていないのはヘッドセットとハブ。そこでハブの軸受をグリスアップしました。
PhotoPhoto_3Photo_4Photo_5Photo_7

先ずは、フロントから開始。
球押しを外してみると、ずいぶんと汚れていました。グリスも固着気味のところがある始末。そしてクリーナーで汚れを取ると球押しの一部に僅かですが虫食いが出来ていました。
たっぷりとグリスを入れて組み直しましたが、手で軸を支えてホイールを回してみると、虫食いが原因と思われる不規則なゴリゴリ感が感じられます。走行中に異常を感じるようになったらハブを交換することとし、今回はそのまま復旧します。

Photo_8Photo_9Photo_10Photo_11

リアは購入から3カ月後にオリジナルの7速から8速のクイックリリースハブに交換しています。こちらはグリスがたっぷり残っていて、黒ずんではいたもののなんら問題の無い様子でした。特に意味はありませが、興味半分でフリーホイールも外してみました。フリーの回転が粘っこく重い感じがしますが、初めての経験なので良し悪しが分かりません。今まで走行中に不具合は無かったので問題は無いと判断。軸受に新しくグリスを入れて復旧しました。
作業が終わって試運転をしたいところでしたが、この後直ぐに大雨が降り始めたのでお預けとなりました。

ハブのグリスがダメになるまでノーメンテナンスだったのは反省しなければ行けないと思っています。今度は娘が乗っているBB号のメンテナンスをするつもりです。

|

« なかなか面白かったポタリング | トップページ | 4月1日の荒川・見沼 »

修理・整備」カテゴリの記事

コメント

bunaibuさん、こんにちは。
おっと、このハブはずいぶん放置プレーだったようですね(笑)
bunaibuさんにしては珍しいのでは?
ボクはROCKのハブメンテを初めてしたときは、ドキドキして、どうにかグリスアップをして元に戻したときにスムーズに回るようになったのは感動でしたね。

投稿: 103 | 2012年4月 1日 (日) 18時56分

103さん、コメントをありがとうございます。
なんともお恥ずかしい次第です。
実はアビオスクラスのメーカー名も判らないハブが、ノーメンテでどれだけの耐久性があるものなのか?確認してみたいという気持もあったのです。反対側の軸受は良好で、写真は撮りませんでしたが、グリスの残量と状態が左右でかなり違っていました。
ハナさんのアビーがちょっと気になります。

投稿: bunaibu | 2012年4月 1日 (日) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/54356786

この記事へのトラックバック一覧です: もっと早く開けるべきだったかⅡ:

« なかなか面白かったポタリング | トップページ | 4月1日の荒川・見沼 »