« 堤防から見る秋の風景 | トップページ | サイクルバックの下見 »

アビオスのタイヤ交換

4_2PhotoPhoto_2Photo_3Photo_4Photo_5

今年になって、前後共にトレッドパターンの溝に食い込んだ異物が原因と思われるスローパンクを2回経験してきました。かなりひび割れも増えています。
2008年12月初めに装着して以来、約4年間使用したタイヤ(Tサーフプロテックス)の老朽化が激しくなってきたと判断し、タイヤ交換を実施しました。

交換の内容を備忘録として書きます。
タイヤ・チューブ・リムテープ
(旧)タイヤはパナレーサーTサーフプロテックス26HE×1.25。チューブはパナレーサーRエア26×1.0~1.25。リムテープはシマノ。
(新)タイヤはIRCスムーサー26HE×1.25。チューブはパナレーサー26×1.25。リムテープはシュワルベ。
タイヤとチューブを合わせた重量は、150gほど新しい方が重い。
そしてタイヤは同サイズ表記ながら、IRCの方が少し太い。そのため泥除けの固定金具にタイヤが当たる箇所があったため取付調整をした。見た目にもボリューム感があり、ワンサイズアップしたかのように見える。
試走した感想は、重量が増えたせいか漕ぎ出しが少し重い。トレッド部の肉厚があるためか粘るような感触を感じた。ただ、これらの差は直ぐに慣れてしまうと思う。

年末にはリムテープの納まり具合をチェックしようと思っています。

|

« 堤防から見る秋の風景 | トップページ | サイクルバックの下見 »

アビオス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/55939210

この記事へのトラックバック一覧です: アビオスのタイヤ交換:

« 堤防から見る秋の風景 | トップページ | サイクルバックの下見 »