« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

伊佐沼公園フリマを訪ねる

年明けには昨年よりも走れると思っていたのですが、なかなか思うようには行かず、あっという間にもてぎのエンディーロ参加が一週間後に迫ってしまいました。
今日は体調もまあまあなので、兎に角少しでも足慣らしをしようと思い出掛けてみました。

帰り道は楽が出来るだろうと風に逆らい荒川CR左岸を北に向かいます。榎本牧場まで行きUターンのつもりでしたが、先週雨で延期になったフリマの事を思い出し、上江橋を渡り久しぶりに伊佐沼公園まで行ってみました。
荒川CR(上流域)を秋ヶ瀬公園より先に行くのは昨年の秋以来半年振りで、最近ますます時間の過ぎるのが早く感じます。

Photo_8


到着は10時頃。園内は新緑でとても清々しい雰囲気でした。
フリマはお店の商品だけでなく、訪れる人達の自転車をウォッチングするのも楽しみですが、今日は下の写真の自転車で来られた女性オーナーと少しお喋りをすることが出来ました。

Tk_2Photo_9言われてフレームを良く観て気がつきましたが、ベースはトーキョーバイクです。サドルを変えて、ここのフリマに来るようになってからいろいろと影響を受け、好みのパーツに変えたそうです。いろいろなパーツを見るのがとても楽しいとの事でした。
私的には本日のグッドデザイン自転車でした。

一時間ほどで伊佐沼公園を後にし帰路に就きました。しばらくは背中を風に押され、久しぶりにスポーツ車らしい速度を体験。
さて、明日も天気は良さそう。今夜は腰に湿布をして寝ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ボトルホルダー

Photo


先週の継続作業としてボトルホルダーをハンドルに取付。
フレームにボトルケージ取付用のダボが無いため、いくつかのバンド固定型ホルダーを使ってきましたが、現在使っているこのホルダーがお気に入りです。

昔のレーサーは飲料をワインボトル(ビン)等に詰めて、小型のフロントバッグに収納していたようですが、1920年頃から金属製ボトルをこのようなホルダーに装備するようになったようです。

位置的にボトルが汚れ難いこと、出し入れがし易いという点でも気に行っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自転車は〇、体は△。

いよいよ三週間後となったもてぎでのエンディーロ参加に備え、1月に交換したNC7号のアップハンドルを、以前と同じドロップハンドルに交換しました。
私の体力では、ハンドルを交換した位でタイムは上がりません(笑)
今回は走行安定性を元に戻すための交換でした。

腰痛対策として仕方なくアップハンドルにした訳ですが、スピードが上がったり、強い横風に煽られると走行が少し不安定になります。
フレームスケルトンなど設計がドロップハンドルを装着することを前提として作られているからなのでしょう。

交換後、彩湖まで試走して来ました。この前の日曜日と同じような風向きの強い風が吹いていましたが、安定感の違いが実感できました。
反面、僅か20km程の走行なのに肩や腰の付近に少し疲れが感じられます。
次の休日には、外したボトルホルダーの再装着とリアディレイラーを交換しようと計画しています。

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さくら草

PhotoPhoto_2ゴリさんのブログ記事に誘われて、先日の日曜日はさくら草を見に彩湖・秋ヶ瀬公園方面に出掛けてみました。
強烈な風を少しでも避けようと思い、いつものサイクリングロードを走らず、写真のような遊歩道や風の影響を受け難そうな道を選びながら進みます。
彩湖側に通じる堤防を越える坂道を上がり始めた時は追い風に押され、まるで電動アシスト自転車に乗っているかのような感じでした。

Photo_32先ずは堤防を降り、道満河岸から彩湖に向かう途中に作られた戸田ヶ原へ行ってみました。ここは昔「戸田ヶ原」と呼ばれたさくら草の密生地だった草むらの再現を、市が自然再生事業として整備しているとのことです。

Photo_5Photo_6Photo_7次はさくら草の自生地として知られた田島ヶ原と、隣接する桜草公園を訪問。
過去に何度か訪れた事がありますが、タイミング良く花を見ることが出来たのは久しぶりのことでした。

Photoさくら水門まで戻って田島ヶ原方面を眺めると、ジワジワと黒い雲が東に広がって来ています。
そろそろ帰らないと家に着く前に雨雲に追いつかれると判断し、強風に立ち向かいます。
家に着いて一服していたら、大粒の雨が降り始めました。間に合って良かった!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »