« この前は気付かなかった | トップページ | 簡単には付かない »

南部辻領の獅子舞(2014年秋)

Photo


Photo_2Photo_3先週の日曜日、見沼は南部辻領の獅子舞を観てきました。

一言で言うと今まで観た事も無い獅子舞でした。
神社への入場から退場まで、十七の演目を延々と約一時間半舞い続ける持久力に、とにかく圧倒されました。

機会があれば、また観てみたい!そんな獅子舞でした。

獅子舞を待つ間はこんなことをしていました。

Photo_4Photo_5Photo_6獅子を演じる方の履くわらじ。それと太鼓。笛方の笛です。
係りの方に了解を得て、観察して来ました。

Photo_7Photo_8Photo_9地元婦人会の方々が、けんちん汁、焼きそば、味噌こんにゃくを振舞っていました。
三品すべてを食べたいところでしたが、昼食の後だったので、こんにゃくだけをいただきましたが、味噌がとても美味しかった。

|

« この前は気付かなかった | トップページ | 簡単には付かない »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

南部辻領の獅子舞、たしかにボクのイメージしているのとはちょっと違うようですね。もちろん舞を見ていないので写真から想像するだけですが。
今風にいうとウィッグ?各人の頭髪が鳥の羽のようで独特ですし、何よりも「2人でひとつ」ではないのですね。

写真を見るとちらほら子供もいるようですが、アノ場所にこんなに人が集まるなんて!
もっと老若男女幅広い人に見てもらいたいものです。
やっぱりライブでみるとすごい迫力なんでしょうね~。

投稿: 103 | 2014年10月20日 (月) 08時23分

103さん、こんばんは。
私の住む地元にも「下戸田ささら獅子舞」というものがあるのですが、やはり三頭の獅子による舞です。また頭髪も鳥の羽根ですが、この獅子のような長くて立派な髪ではありません。容姿も舞もここの獅子舞と比べると地味です。祈願することは同じようでも、獅子舞も千差万別だなと強く感じました。

舞にに夢中になっていたので観客の様子はよく覚えていないのですが、近所に住む子供達らしい姿は見掛けました。本編の後、楽器の練習をしたという三人の子供を交えた短い舞が披露されました。保存会の方々も後継者育成には努力されているようです。

今回は私自身都合が付くか分からない状況だったためお誘いしませんでしたが、ご一緒に鑑賞したいと思っています!

投稿: bunaibu | 2014年10月20日 (月) 21時42分

楽しそうですね。子供の舞というのも。

ところでワタクシ今までより一層イベントに参加しにくくなるかもしれません。状況次第で逆に顔を出しやすくなるかもですが…
後日お話しします。

投稿: 103 | 2014年10月21日 (火) 12時42分

103さん。
仕事忙しそうですね。
私も相変わらずですが…
良い方向になることを祈ってます。

投稿: bunaibu | 2014年10月21日 (火) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/60512173

この記事へのトラックバック一覧です: 南部辻領の獅子舞(2014年秋):

« この前は気付かなかった | トップページ | 簡単には付かない »