« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月

秋ヶ瀬公園自転車イベント

Photo

秋ヶ瀬公園でのイベント、バイクロア4(1日目)に行ってきました。
基本シクロクロスレースですが、変ったレースもプログラムされています。

今回で3回目の観戦だと思いますが、年々賑やかになってきています。第一レースを観戦しつつ、回を重ねるごとに増えている出店ブースを覗いて廻ります。

Photo_5Photo_6Photo_7Photo_8Photo_9

第二レースはカーゴバイクのレースとのアナウンスを聞き、スタート前の待機場所に行ってみます。オーダー車と思われる見た事のないバイクがいろいろ。

Photo_2

ひと回りしたところでちょうど12時になったので、パン屋さんでサンドイッチと胡桃のあんパンを購入しました。
Photo_3

何か飲み物が欲しいなと物色していると、コーヒーを見つけました。「一杯ください。おいくらですか?」と聞くと「タダです、美味しかったら心付けをいただければ。」とのこと。店主がドリップしている間にチップを置きました。
Photo_4
どちらも美味しくいただきました。

ちょうど食べ終わったところでカーゴバイクのレースが始まりました。
Photo_10Photo_13Photo_14Photo_15

カーゴバイクという事でタイヤ・麻袋・丸太などを積んでの走行です。荷台やバッグにそれらを積載した自転車には大きなハンデキャップで、悪路で跳ねたりバランスが崩れ荷物が落ちると積み直しが大変。観ているいる方は楽しめますがライダーは必死です。思わず声援と拍手を送ってしまいます。

Photo_16

優勝した方とそのバイク、やっぱりリヤカーは安定感があったと思われます。
ワンレースだけの観戦でしたが、面白いレースを見ることが出来ました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

今夜は脚がだるい

今日は秋ヶ瀬公園まで2往復の走行で、予定外のトレーニングとなりました。
かみさんが秋ヶ瀬公園の近所にある体育館まで、バレーボール大会の観戦(応援)に自転車で行くと言い出したのが切っ掛けでした。

Photo_5

Photo_6


                                                           午後は所用があったため、道案内役として往路だけ付き合えば良いと思い行った訳ですが、到着後に帰路も迎えにとの要望。
2回とも往路は向かい風で、特に2度目はかなり道中疲れました。
苦労して行ったら「あれ!クルマじゃなかったの?」(本人はクルマで来てほしかったようでした。)
そんな言葉を浴びて更に疲れが増しました(笑)

Photo_3
1回目の帰路で見掛けた掲示板。以前観戦を楽しんだ事があるイベントのお知らせでした。
天候と都合が良ければ行くつもりです。

Photo_2
2回目の往路、以前よりロケットのような形をした塔が何の施設か気になっていたのですが、nhkの電波塔と分かりました。

久しぶりに青空の下を走れたし、二つの収穫もあって、まずまずの走行でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

簡単には付かない

Photo_2Photo_3Photo_4


NC7号をアップハンドルに替えた時に、ダウンチューブにある変速レバーの操作が少しやり難く感じました。
ドロップハンドルの時は腕を下げれば直ぐに手が届きますが、当たり前のことですがアップハンドルでは上体を少し屈めなければなりません。少年時代にWレバー操作を経験してきたのと、今はまだ体がいう事を効くので問題はありませんが、そのうち加齢とともに操作がし難くなるだろうと思います。

そんな訳でハンドル付近に変速レバーを移設する方法を検討しているのですが、それにはダウンチューブにアウター受けを設けなければなりません。
バンド止めの台座に付けられそうなアウター受けを見つけたので、期待して買ったのですがダメでした。
台座のレバーが入るシャフト径がアウター受けの穴よりも少し太いため最後まで入らないのです。
ボール盤でも持っていればドリルで切削するなど試みたいのですが、ハンドドリルしか持ち合わせていないため、今回は諦めました。

ちょっと古い変速レバーなので規格が合わないのか、メーカーが違うからなのか、このレバーが特殊なのか(ラチェット付き)分かりませんがいずれにしても仕方がありません。

Photo_5

外したレバーのグリスが切れかかっていたので、ついでに清掃してグリスアップしました。
今までカチカチとラチェットの音と感触に問題が無かったので、この部分は5年間ノーメンテナンスでした。
そのうちに反対側のリア用もメンテナンスしようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »