« 南部辻領の獅子舞(2014年秋) | トップページ | 今夜は脚がだるい »

簡単には付かない

Photo_2Photo_3Photo_4


NC7号をアップハンドルに替えた時に、ダウンチューブにある変速レバーの操作が少しやり難く感じました。
ドロップハンドルの時は腕を下げれば直ぐに手が届きますが、当たり前のことですがアップハンドルでは上体を少し屈めなければなりません。少年時代にWレバー操作を経験してきたのと、今はまだ体がいう事を効くので問題はありませんが、そのうち加齢とともに操作がし難くなるだろうと思います。

そんな訳でハンドル付近に変速レバーを移設する方法を検討しているのですが、それにはダウンチューブにアウター受けを設けなければなりません。
バンド止めの台座に付けられそうなアウター受けを見つけたので、期待して買ったのですがダメでした。
台座のレバーが入るシャフト径がアウター受けの穴よりも少し太いため最後まで入らないのです。
ボール盤でも持っていればドリルで切削するなど試みたいのですが、ハンドドリルしか持ち合わせていないため、今回は諦めました。

ちょっと古い変速レバーなので規格が合わないのか、メーカーが違うからなのか、このレバーが特殊なのか(ラチェット付き)分かりませんがいずれにしても仕方がありません。

Photo_5

外したレバーのグリスが切れかかっていたので、ついでに清掃してグリスアップしました。
今までカチカチとラチェットの音と感触に問題が無かったので、この部分は5年間ノーメンテナンスでした。
そのうちに反対側のリア用もメンテナンスしようと思います。

|

« 南部辻領の獅子舞(2014年秋) | トップページ | 今夜は脚がだるい »

パーツ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
語られている内容はさっぱりですが、bunaibuさんの自転車はいつも手入れして貰って本当にしあわせものですね〜。

投稿: みくま | 2014年11月 6日 (木) 09時24分

みくまさん、こんばんは。
無精者ですので気が向かないとなかなか触らないんですよ~。
先日も久しぶりに乗ったらチリチリと音がするのでなんだろな?と、見た目には問題なしと思いながらもチェーンにオイルを差したらすっかり静かになりました。
注油という初歩的なメンテナンスを怠ったことに、ちょっぴり反省したばかりです(苦笑)


投稿: bunaibu | 2014年11月 6日 (木) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/60593563

この記事へのトラックバック一覧です: 簡単には付かない:

« 南部辻領の獅子舞(2014年秋) | トップページ | 今夜は脚がだるい »