« タイプⅢだとばかり思っていたら | トップページ | 土・日曜日の自転車&オーディオ »

不安な気持ちで整備

夕方のひと時、古い昇圧トランスをちょっとキレイにしてみました。
数ヶ月前に完動品という事を信じて入手したものですが、本体のカバーを開けてビックリしてしまい、今まで触らずにいました。
Photo

Photo_2Photo_3

ビックリしたのは入力配線がスイッチの裏側でシリコン系コーキング剤で固められていたこと。何かトラブルがあって補修したのでしょうが、なんとも手荒なコーキング剤の処置にショックを受けました。
それとトランス本体に巻かれた緩衝材(スポンジかな)の状態。経年劣化(加水分解というのでしょうか)で仕方が無いと思いますが、あまり大切に使われていなかったのかなと想像します。

Photo_4

Photo_5

固定金具を外して古い緩衝材を落とします。正に粉々です。トランス本体も塗装の浮いた部分を擦ったらサビが出てきました。

Photo_6

Photo_8Photo_9

新しい緩衝材を巻いて固定。パネルや本体カバーを止めるビスも新しくしました。
後は満足に電気信号が流れることを祈るばかりです。

|

« タイプⅢだとばかり思っていたら | トップページ | 土・日曜日の自転車&オーディオ »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/64552335

この記事へのトラックバック一覧です: 不安な気持ちで整備:

« タイプⅢだとばかり思っていたら | トップページ | 土・日曜日の自転車&オーディオ »