« MM型カートリッジ作動確認 | トップページ | 思い掛けない買い物 »

このヘッドシェルの正体は?

どうでもよいことですが、頂き物のシュアーのカートリッジが付いているヘッドシェルが気になったので書いています。

PhotoPhoto_2

アントレーというメーカーの製品のようですが、DAMという名称が記されています。
本体は角が鋭利だし、研磨した筋目がハッキリ出ていて、個人的には良い仕上げとは思えません。指掛けも武骨です。

そんな訳で違うシェルに交換しようと思ったのですが、どうもこのカートリッジ用の仕様になっているような箇所があったので、ひとまず止めることにしました。

Photo_3Photo_4

固定用のビスが樹脂製です。それとカートリッジの台座に合わせた角型の専用ナットが付いています。こちらも樹脂製です。
ビスは一般的なM2.6サイズより少し細く、ネジ山が余分に出っ張ることも無くぴったりの長さになっています。
なぜ、樹脂製のビス・ナットなのか?ちょっと気になっています。
軽針圧タイプのカートリッジなのでビスも軽い樹脂製にして軽量化を狙っているのかなとも思いましたが、このシェル自体約13g位の重さがあるのでそうとも考え難い。

普通にピックアップしてくれればどうでもよいことなのですが、ちょっと気になります。

|

« MM型カートリッジ作動確認 | トップページ | 思い掛けない買い物 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/64826116

この記事へのトラックバック一覧です: このヘッドシェルの正体は?:

« MM型カートリッジ作動確認 | トップページ | 思い掛けない買い物 »