« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

キングギドラのように

Img_2585


サボテンがまた蕾を持ちました。
一度に10個の蕾。
明日あたりに開花しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Newカートリッジ装着

昨日、アームとケーブルをセットして、カートリッジをアームに取付。
Photo
デカイです。
レコードに針を落とし、音が出るか一応チェック。
Photo_2Photo_3
ちゃんと音も出て、本体と接続に問題はないようです。
初めてのSPU、これから少しずつのんびりと味わいます。

ところで「マッコウクジラ」という渾名は、(私流のSPU-Gに対しての渾名)
40数年前、初めて秋葉原のとある店で実物を見た時に瞬時にこの名が浮かびました。
頭でっかちで、尻すぼみ・・・。
以来、私の中でそう呼び続け、いつかは自分のプレーヤーにと思い続けてきました。
Spu_2Spu_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Newカートリッジの取付準備

マッコウクジラ(私が付けたあるカートリッジの渾名です。)を取付けるための準備を始めました。
Dp5000f

今使っているプレーヤーのトーンアームでは使用することが出来ないため、アームのないプレーヤーに新たにアームを取付けることにしました。
ターンテーブルの回転は今のところ問題はありませんが、アームを取付ける前にちょっとメンテナンスをしました。
Dp5000f_2

埃を取ったり、スイッチの接点やランプ類を掃除したり、スイッチの接点をアルコールで拭いたりしました。ついでにモーターの軸受等もチェック。
Photo

ターンテーブルをキャビネットに戻して、アームの取付ゲージを当て取付位置を決めます。
幸い元の穴を使用することが出来て、新たにベースボードを製作する手間が省けました。
今日の作業はここまでです。

少し脱線しますが、デンオンの古い二つのターンテーブルの操作部を写真に残します。
Dp3000Dp500f

左がDP-3000、右はDP-5000F、私的には左の方が扱い易い。
個体の問題でしょうが、弟分の左の方が回転が滑らかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナット追加

フロントブレーキのインナーワイヤーが馴染んで少し延びたようで、調整が必要になってきました。
Photo

アウター受け部分で調整しましたが、走っているうちにナットが緩んで元通りになってしまい、頻繁に調整を繰り返していました。
そんな訳で、緩み止めのナットを追加。
Photo_3

これで容易に緩むことは無いと思います。
在庫のナットがこれしか無く、ちょっと無骨な感じになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ