« プロボックス | トップページ | 余韻に浸りながら »

チューナー接続

R0016911

パネル照明を確認しただけで、受信と音声信号機能を確認していなかったチューナー。
ピンケーブルを用意して接続してみました。

セレクターツマミをチューナーに合わせ、ボリュームを上げると音が出てきました!
普通なら当たり前のことですが、こちらも古いものなのでちょと心配していたのです。
ちょうど音楽番組の時間で、久しぶりにホテルカリフォルニアを聴く事が出来ました。

R0016909

現在、簡易アンテナではシグナルメーターは20%までしか上がりません。音は出てもこれでは低すぎますね。
機器のセッティングがもう少しまともになったら、3素子程度のアンテナでも設けてみようと思っています。

|

« プロボックス | トップページ | 余韻に浸りながら »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

FM用の簡易アンテナ・・・というと300オームの平ケーブルみたいなやつでしょうか??

最近はFM局も多くなりましたのでいろいろと楽しめますね。
AM局もワイドFMで放送開始していますが、昔のチューナーでは90MHzが限界でしょうか・・・

投稿: 103 | 2017年10月 3日 (火) 16時11分

103さん、コメントをありがとうございます。
300ΩのT型フィーダアンテナと言ったやつですね。
アンテナは一応細長いループ型のアンテナなんですが、利得はほとんど得られないものだと思います。
どうもこのチューナーは感度があまり良くないような覚えがあります。昔はVHF-TVのアンテナ端子から分配器で分岐して接続していました。
今はそれが出来ないので、専用アンテナが必要かなと思っています。
時々カーラジオでしか聴きませんが、FM局は増えましたね。
このチューナーの受信は90MHzまでです。
昔はFM東京とN〇Kを半々ぐらいで聴いていたように思います。
多分このチューナーで聴けるようになっても、メインはN〇K82.5MHzになるような気がします。

投稿: bunaibu | 2017年10月 3日 (火) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512171/65862187

この記事へのトラックバック一覧です: チューナー接続:

« プロボックス | トップページ | 余韻に浸りながら »