カテゴリー「修理・整備」の記事

かごに続き泥除け交換

先日かごを交換したベニッシモ。今日は泥除けを交換。

Img_20170319_092947

既設の泥除け、この泥除けは応急的な気持で取付ました。もっと早い時期に交換するつもりでしたが、怠けている間に大分変形してしまいました。

Img_20170319_170000Img_20170319_165841

新しい泥除けは本所製で、ちょっと昔に製造された製品のようです。
ついでに露出部分の錆がひどくなっていたリアブレーキのインナーワイヤーも交換。
朝の9時過ぎから作業を始めましたが、お彼岸で訪れた親戚の対応や外出していたかみさんの送迎やらで、終了は夕方の5時となってしましました。大分陽が延びたので助かりましたが、危なく明日に持ち越しとなりそうでした。

これで暫く泥除けは大丈夫そうですが、パーツの清掃やグリスアップなどをしてあげないとだめだなぁと実感した日でもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車を弄る

長女が乗っているビアンキベニッシモのフロントキャリアが破損し、要となる支持が無くなったことからグラグラとなり、かごに荷物を入れることが出来なくなりました。

Photo

普通ならここのネジが破断することはないでしょうが、前かごは有った方が良いという長女の希望に答え,キャリアに無理やり固定したため荷物の負荷により疲労破断したようです。
それでも7~8年は耐えてくれました。

Photo_2

今までと同じ固定方法止め、違う方法でかごを装着することにしました。
右は今まで装着していた古いかご。かれこれ14年ほど使用していましたが、錆の発生が見当たらず品質の良さにビックリしています。

左が新しいかごで、リクセンカウルにしてみました。
多分ベースは鉄製で、黒いビニールコーティングがされています。アルミ製も有りましたが、お高いのでこちらを選択した次第です。

Photo_3Photo_4

耐荷重5kg、ちょっと強度的には不安ですが、バッグ以外の物はほとんど入れることはないようなので大丈夫かなと。
キャリアはブレーキ台座のみの2点支持になってしまいましたが、前照灯のブラケットを兼ねているので(軽いLEDライトなので)そのまま使う事にします。

さて、次回はガタガタになってしまった泥除けを交換する予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早朝散歩でもと思ったのですが。

Photo

気温が上がらないうちに近所を自転車で散歩してこようとカバーを外すと、後輪タイヤの空気が抜けてタイヤが歪になっていました。
というわけで散歩は中止。朝食の後、修理に取り掛かります。

Photo_3


チューブを取り外してみると、前回パッチ修理した箇所が写真の通り。貼った時はきれいに密着していたのですが、パッチが古かったため浮いてきてしまったようです。
今回は新しいチューブに交換することにしました。

Photo_4

タイヤ装着の後、異物等が刺さっていないか確認してみると僅かですが歪な箇所がありました。赤丸の部分だけが少し凸な状態になっています。交換前のチューブのパンク箇所に近い辺りです。
パンクとは関係ないと思いますが、今後注意してみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハブの準備

R0016278

ホイールを新調する準備として、ハブのチェックとグリスアップをしました。

R0016276

買物の途中、ちょっと遠回りをして荒川CR左岸を走行。
今日は空気が澄んでいたようで、雲が多かった割には遠景を楽しむことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

整備の日

Photo

購入してから9年目になるかみさんが乗る自転車のブレーキアウターワイヤーに錆びと被服のひび割れが目立ってきたので交換しました。
ちょっとほったらかし過ぎでした。

Photo_2

こちらは娘の自転車のタイヤ。トレッドが摩耗してスリックタイヤのように、サイドは布が裂けていました。

R0016232Photo_3Photo_4

早速タイヤとチューブを仕入れて交換しました。
二枚目の写真の新旧のチューブは、パッケージデザインも変わりましたが、価格もかなり値上げとなっていました。
初めて使うタイヤですが、耐久性はどうでしょう。

Photo_5

今朝、サボテンの花が一輪咲いていました。
明朝は、3輪ほど咲きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェーロのメンテナンス

Photo_2


油気だけは切らさずにいましたが、しばらくほったらかしだったかみさんの自転車のチェーンを交換しました。
ついでに変速器のテンションプーリーや前後のギアもお掃除。あちこちのサビが気になりますが、走行には問題ないので今回はそのままにします。
距離的にはたいして走ってないが、乗り始めて満9年目。
まだ一度もやった事のないハブやペダルのメンテナンス(グリースアップ)も、そのうちにやってみようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハブダイナモライト交換(BB号)

BB号の次のライトを何にするか検討していましたが、これにしました。Photo

結局あちこちのショップ巡りも叶わず、近所のショップにあった二種類のハブダイナモライトの内から、今の取付位置に合いそうなことから選択しました。

Photo_2

既設のライトは反射鏡のメッキがこのようにワカメのようになってしまていて、バルブ切れも起こしていました。

Photo_3

付属の固定用ボルトナットのワッシャーが大きくてキャリアのダボ面と合わなかったため、ボルトを変更しましたが、問題なく取付ることが出来ました。ただ電源コードが短かったため延長します。

Photo_4

そしてダイナモの電極に結線。

Photo_5

既設は2線式でしたが、このライトは普通の1線式。アース側はいわゆるボディーアースです。(ハブダイナモはアース端子もありますが、ボディーアースもOK。)

Photo_6

2灯式でリフレクターもあるため、動物(サル)の顔のようなデザインです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壊れたスタンドの交換

Photo


ベニッシモの駐輪用スタンドが壊れた。
ちょっと水鳥の脚のような細いところと、チェーンステーに一点止めというところが気に入っていました。
この自転車を購入した時に一番早く壊れるかなと思っていましたが、直ぐに壊れたのはペダルで、スタンドは約8年間使用に耐えてきました。以前からショップに行った時に同じ物がないかとチェックしていましたが、同じ物を見ることはありませんでした。

Photo_2


Photo_3


今回はBBの後ろ、チェーンステーの付け根付近に固定するセンタースタンドに交換。
チェーンステーを上下から挟んでボルトで固定する構造のため、直ぐにガタツキが出てこないかなと、ちょっと心配です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タイヤ交換も暑い

昨日のことですが、昼食の後、出掛けるにも中途半端な時間になってしまったため、以前より交換しようと思っていたNC7号のタイヤ交換を実施しました。

2015053012440000
装着してから約2年半程経ったタイヤ。それほどの距離は走っていませんが、ゴムのひび割れからケーシング(コード)が見えるようなってしまって、ちょっと鋭い小石などが入ったら危ないなと過去の経験から思っていました。

Photo
今回装着したNC7号用のタイヤは写真下のタイヤで、新しい自転車(ミカン号)に使っていた26Cのタイヤを移設しました。
写真の上がミカン号に新設した28Cのタイヤです。

2015053014470000
実は2台分のタイヤを装着するのに、一時間半以上の時間が掛かってしまいました。

装着時のミスでチューブにキズを付けてしまい、走る前からパンクです。
修理後、再装着して指定圧までエアー充填した数分後に、今度はバスッーとエアー漏れ。
再度チューブを外してみると、パンク修理個所のパッチ(パナレーサー製イージーパッチ)が剥がれてしまったようです。購入してから6~7年も経ったパッチで、色も少々黄ばんだような感じでしたので、接着剤も劣化していたのでしょう。こういうケミカル商品は古くなったものを使ってはダメですね。結局新しいチューブに替えました。

そんな訳で、思いのほか時間を費やしてしまいました。軒先の日陰での作業でしたが、力が入った事もあり、暑くて額から汗がポタポタ。水分補給しながらのちょっと辛いタイヤ交換でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

久しぶりにパーツに触れる

2014090715450001


NC7号のハンドルを元に戻すために、外したブレーキレバーやワイヤーなどを探しましたが、肝心のバーがバーテープの粘着テープが残った汚いままでした。

先ずは清掃!と始めました。パーツクリーナーも併用しましたが、指でグイグイとやっていたら親指の腹に水ぶくれが出来てしましました。
時間が無いからと慌てると、ろくな結果になりません(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)