カテゴリー「用品・工具」の記事

ストックしておこうかな

Photo


タイヤのエアーポンプにはヒラメポンプアダプターを使用していますが、先週あたりから急に満足にエアーを充填出来なくなりました。
タイヤのバルブに合わせるパッキンの当たりを調整するリングをねじ込んでも、エアー圧が上がるに従って「スースー」とアダプターから漏れが発生します。
パッキンを点検してみるとかなり摩耗している様子。それと外気温が下がってきたことでパッキンが硬くなりバルブと密着し難くなったものと判断しました。
アダプターを購入してから交換をしていなかったので、そろそろ寿命なのでしょう。

昨日の日曜日、見沼からの帰り道に、ここならパッキンの在庫が有るかな?と以前から利用しているショップに寄りましたが、在庫なし。
昼食の後、数軒のショップに電話で在庫を問い合わせをしてみましたが、何処も無し。
ここに無かったら今日は諦めようと上野のあさぞーに電話をしてみると・・・ありました。
「在庫が1つなので、購入いただけるなら取っておきます。」とのこと。
そんな訳で上野までひとっ走りした次第です。

家に帰り早速パッキンを交換してポンピングしてみると、問題なく機能回復です。

たかがパッキンですが、こういう消耗パーツを常時在庫しているショップはなかなかないみたいですね。
これでしばらくは交換の必要は無いでしょうが、安価な物だし、今度見掛けたら購入してストックしておこうかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅の予定も無いのに

Photo


6月からの忙しさでストレスが溜まるばかり。夏休みも無く、暦通りの休日も満足に取れない日々が続いています。そんな訳でちょっと物欲に走ってしまいました(笑)

今まで使っていたサドルバッグよりも少し大きい物が欲しいと思っていたのですが、少し大きいものがなかなかありません。容量だけの選択ならば色々な商品がありますが、横型でクラシカルなデザインの物というと選択肢が少ない。理想はオーダーですが価格を考えるとちょっと無理です。
少し大きな物と思いながら現物比較をしましたが、結局今までの倍以上の容量のバッグを購入してしまいました(笑)
そして今日着け変えてみました。以前のバッグはNC7号に戻す予定です。

携帯工具、エアーポンプ、予備のタイヤチューブ・タイヤレバー、ワイヤー錠、ウィンドブレーカー、タオルなど携行品を納め、買い物ついでに時々小雨が落ちる中を十数キロ試走してきました。

Photo_2

コーヒー豆、洗濯機洗浄用洗剤、チェーン用オイル、昼食のパンなどを詰めています。まだかなり余裕があります。腿にバッグが当たることも無くひと安心。
宿を利用した一泊位の小旅行ならばこのバッグ一つで行けそうです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

レンズが無くなってしまって

Photo


ミカン号に取り付けたリアセイフティーライト。

Photo_2
先週、見沼から帰ってきたらレンズ(+発光部)が無くなってこんな姿になっていました。
駐輪時に何かに当てた覚えも無いので、走行時に振動で脱落したものと思われます。
取付けてから僅かな期間しか経っていなかったので、ちょっとショックでした。

Photo_3Photo_4今回は同じ場所にリフレクターを取付ました。
道交法上リフレクターは必要なので、これはこのままとして、夜間走行に使う事が増えるようになった時、セイフティーライトの増設を改めて検討してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入りのタイヤになるか!?

タイヤ交換した翌日の日曜日、初めて装着した28Cタイヤの具合を確かめに走ってみました。
Photo
このグランボアのタイヤは、ぱなれーさーつあらーと同一の型から作られているそうですが、アンチパンクベルトを使わず、しなやかな乗り心地を重視しているそうです。
短い距離(走行時間)でしたが、確かにその意図が分かるような乗り心地を感じることが出来ました。

ぱなれーさーつあらーはNC7号で5年程使ってきて、それなりの印象は持っている(身体が覚えている)つもりなので、今度はNC7号でこのタイヤの感触を確かめてみようと思います。

Photo_5Photo_6この日は朝6時過ぎに家を出て、午前中いっぱい徘徊を楽しむ予定でしたが、体のだるさと想定外の暑さに挫け、早々に引き揚げてきてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思ったよりも長持ち

PhotoPhoto_3Photo_4ひとつ目はかみさんの自転車のサドル。
おそらくレールの付け根付近のガタが原因だと思いますが、乗車するとギシギシと音を出し始めました。

今まで気にした事もありませんでしたが、改めて見直してみると、クロモリ製のレールが使われているようです。また重量もそこそこ軽い。エントリーモデルのクロスバイクに装備されたサドルとしては、座り心地の評価は別として、原価の掛かったものだったのかなと思っています。

R0015125R0015124R0015126もう一つはsafemanというワイヤーロック。
私がアビオス用に使ってきました。
本体の外周の穴にワイヤーを通すと中でギヤが引っ掛かり、鍵でフリーにしないと抜けないという構造です。
使わない時は、巻き尺のようにワイヤーが収納できます。
そのワイヤーの外側のビニール(合成樹脂)が硬化してひび割れを起こし、所々欠損し始めました。試しに外側のビニールを剥がしてロックが効くかやってみましたが、滑ってロックは出来ませんでした。

どちらも使い始めてから約7年。想像していたよりも長持ちしたなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

表参道で自転車用品の買い物

20140923


最近、かみさんの自転車のサドルがギシギシと音を発するようになりました。
外見に大きな破損はありませんが、経年劣化で大分やれています。それでも、約7年間ほぼ屋外駐輪してきたことを思えば、かなり耐久性の高いサドルだと思います。

フレームやサドルのチェれステカラーが気に入って購入を決めた自転車でしたので、出来ることなら似たようなサドルに交換してあげようと思っていましたが、今までほとんど見掛けた事がありません。(今までに私が行った事のあるショップでは見掛けた覚えが無いとういう事です。)

今日の昼休み、職場でネット検索して、ビあんキのコンセプトショップがあることを知りました。早速帰宅途中にショップを訪問。
チェれステカラーの入ったサドルが5~6種ありましたが、どれもロードレーサー用という感じのハードなサドルでした。
そんな中、写真のサドルを発見。ほどほどにクッション性があり、耐候性にも考慮しているという表示、そしてユニセックス仕様。カラーは黒一色ですが、作りもしっかりしていそうなので購入に踏み切りました。それとエンドにチェれステカラーが使われているバーグリップも購入。

ところでこのお店、おっさんが1人で来てこういう買い物をするのが珍しかったのでしょうか。店員さんから「出張のついでにお買いものですか?。」と言われてしまいました。特に弁解はしませんでしたが・・・(笑)

今度の休日はサドルとグリップの交換作業をする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルブ(電球)探しの一週間

Photo_10


先週の月曜日の事ですが、仕事の帰りに駐輪場からアビオスで走り始めるとハブダイナモライトが点灯しません。少し走り、街灯の下でダイナモからライトまでの配線を確認しましたが異常は無く、停車中に点くポジションランプはいつも通り点灯していました。

Photo_7

帰宅して点検してみるとバルブが切れていました。

予備を持っていなかったので、翌日から仕事での外出時や帰宅途中に何軒かの自転車店や109はんず・秋葉原の電気街などを訪ねてみましたが、行った店には何処にもない。
結局木曜日に、かみさん用にと同じフロントライトを購入した近所のサイクルショップH〇dakaにバルブを注文しました。ところが「メーカー等に確認出来るのが来週開けの見込み、場合によっては入手が出来ない可能性も考えられます。」とのこと。

そんな訳で休日の今日、ダメもとで地元のホームセンターに行ってみました。

Photo_8


電圧・W数は切れた既存品と少々違いますが、差し込み型の口金のハロゲンバルブが懐中電灯や小型ライトの販売コーナーにありました。

Photo_9


早速購入して取付。取り合えずこれで明日は安心です。

最近、特にチェーン店ではパーツなどの展示在庫がどんどん縮小しているような気がします。
ライトもLEDが主流となりフィラメント電球の需要も減っているのでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

インナーワイヤープライヤー

Photo_2Photo_3先日、インナーワイヤープライヤーが特価品として(\800-)売っていたので購入してきました。

日曜日にブレーキ交換をした際に使用してみましたが、とても楽に作業が進みました。

今までは、ブレーキアーチを片手で絞り、もう一方の手でプライヤー等でワイヤーを挟み押さえてロックナットを締めるというやり方で作業していましたが、微調整に苦労していました。これを使うとそんな作業を一発で決めることが出来る。やはり専用工具は便利です。

頻繁に使う工具ではありませんが、安価だったこともあり、良い買い物だったと悦に入っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

携帯工具の変更

普段はNC7号のサドルバッグに入れて携帯している工具を、少し入れ替えてみました。

Photo_3Photo_4切っ掛けは正月の初走行。途中でサドルの傾きを調整したかったのですが、シートピラーのやぐらの13mmのナットを回せる工具が無かったために調整が出来ず、少々我慢の走行となりました。

今までは8~12mmをカバーする薄口の両口スパナを3本入れていましたが、更に13mmのスパナを加えると工具入れに収まらないことが分かり、写真の110mmサイズ、最大開口13mmのモンキースパナを購入。12mmのスパナは残し、それ以外のスパナを2本を抜いて、新規にモンキースパナを入れることにしました。これでサドルの調整もOK。

Photo12mmの薄口スパナは左の写真の通りで、プレーキ用に残しました。

入れ替え後の携帯工具は、上記のスパナの他に、六角レンチとドライバーがセットになったミニツール・パンク修理パッチ・タイヤレバー・ペグスパナ・小型ナイフとしました。

Photo_5Photo_6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やはり、あると便利。

Photo Photo_2先日、手組ホイールをオーダーするために訪問したショップで、写真のメンテナンススタンドとコンビネーションレンチを見掛け、衝動買いしてしまいました。

本当はトップチューブをクランクで固定する、プロが使うようなメンテナンススタンドが欲しいところですが、何分にも高価。このスタンドはチェーンステーとシートステーにフックを掛けて支えるという構造で、少し不安定なように見えますが、価格を思えば作りもしっかりしていそうで、駆動系のメンテナンスや清掃には十分という感じです。

Photo コンビネーションレンチはシマノPROの六角レンチで、使用頻度の高い4・5・6のサイズが一緒になった物。六角ボルトが多用されているバイク(我が家ではアビオス・チェーロ・ベニッシモ)のメンテナンスには重宝しそうです。

どちらも珍しい物でもなく、無くてもよい物ですが、使ってみると便利な物でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)