カテゴリー「オーディオ」の記事

また少し前進(アナログオーディオ)

フルオート機能は壊れていますが、マニュアルではどにかレコードを聴く事が出来そうなデュアルのプレーヤー。まだ音出し確認をしていなかった古いFRのカートリッジと合わせてアンプに接続してみました。

Img_20170320_203047Img_20170320_203412

先ず外してあったベルトをモータープーリーに掛け、ゼロバランス、針圧をセットしてレコードに針を降ろします。アンプのボリームを上げるとちゃんと音が出ました。カートリッジ、プレーヤーのトーンアームからアンプに接続するピンプラグまで断線もないようでほっとしました。
プレーヤーはオート機能が治るかどうか、そのうち修理に出してみようかと考えています。

カートリッジはオーディオ遊びを始めて少し面白さが分かってきた1973~4年に初めて購入したFR-5(EX)で、その数年後に購入交換した楕円針仕様の5Eとなっています。
何しろ初めての別売りカートリッジの購入でしたから、候補としていた同じMM型のグレースF-8とどちらにしようかずいぶん迷い、結局トロイダルコアという構造に魅かれてFRに決めた記憶があります。
使いこなしが下手だったのだろうと思いますが、時々ビリツキを起こしたりしたので(ちゃんとトレースしない)、音の好き嫌いよりもそれが原因で出番の少ないカートリッジとなっていました。

Img_20170320_204956

今回は1時間足らずのお試しでしたが、ビリツキの発生も無く記憶にあった音色よりも華やかな感じがしました。長期間使っていなかったので、今後使っていくうちに音も変わってくると思いますが。

初めてのカートリッジとお気に入りのプレーヤーからレコードの音を拾う事が出来ると分かって、ちょっとうれしいひと時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このヘッドシェルの正体は?

どうでもよいことですが、頂き物のシュアーのカートリッジが付いているヘッドシェルが気になったので書いています。

PhotoPhoto_2

アントレーというメーカーの製品のようですが、DAMという名称が記されています。
本体は角が鋭利だし、研磨した筋目がハッキリ出ていて、個人的には良い仕上げとは思えません。指掛けも武骨です。

そんな訳で違うシェルに交換しようと思ったのですが、どうもこのカートリッジ用の仕様になっているような箇所があったので、ひとまず止めることにしました。

Photo_3Photo_4

固定用のビスが樹脂製です。それとカートリッジの台座に合わせた角型の専用ナットが付いています。こちらも樹脂製です。
ビスは一般的なM2.6サイズより少し細く、ネジ山が余分に出っ張ることも無くぴったりの長さになっています。
なぜ、樹脂製のビス・ナットなのか?ちょっと気になっています。
軽針圧タイプのカートリッジなのでビスも軽い樹脂製にして軽量化を狙っているのかなとも思いましたが、このシェル自体約13g位の重さがあるのでそうとも考え難い。

普通にピックアップしてくれればどうでもよいことなのですが、ちょっと気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MM型カートリッジ作動確認

Dp3700fE

MC型カートリッジの確認に引き続き、MM型カートリッジの作動確認をしてみました。
先ずはエラック、特に気になるようなノイズも無く音が出ました。

V15

Yp1000

続けてシュアー、音は出ましたが針が悪いのか?本体やレコードが冷えているためにトレースが悪いのか?音割れが時々出ます。
(この日は寒く、暖房を入れる前の室温は2℃。室温が上がるにつれてターンテーブル等が結露するような有様でした。)

とにかく左右から音が出てきたので、ほっとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと音出し♪

風邪気味なので自転車で出掛けるのは止めにして、MCカートリッジの音出しを試してみます。

Dl103Mc20Photo

プレーヤーはYP-1000Ⅱ。103、MC20と順番に昇圧トランスを通してアンプのボリームを恐る恐る上げてみると・・・、

Img_20170115_174118

♪ちゃんと音が出てくれました。
アームにMCカートリッジとトランスは問題が無さそうです。カートリッジは30年ほどの休眠期間があったので、本来の音が出ているか判りませんけど。

Photo_2Photo_3

正常に機能してくれたので、昇圧トランスの汚いピンプラグを新しいプラグに交換しました。

次回はMMカートリッジを試してみる予定です。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

ちょっとストレス解消

寒い一日でした。
自転車で散策に出掛けようかと思いましたが、北風が強かったので断念し、オート機能が不調なデュアルのプレーヤーを改めていじってみました。
プレーヤーを下から覗きながら何度もギヤやアームの動きを確認しますが、アームがなぜ左右に動いてくれないのか?訳が判りません。
一時間ほどあれこれとやってみましたが、更に悪化させてはいけないと思い諦めました。修理をしてくれるような所が見つかったら、一度お願いしてみようと思います。

Photo

夕食まで少し時間があったので、デュアル専用のシェルに付いている二つのカートリッジを汎用のヘッドシェルに取り付けてみました。

Photo_2

何年たっても何度見ても飽きない姿です。

Photo_5Photo_6
(青いボディーが黒く・・・下手な写真。)

仮装着です。実際にアームに取り付けてみて不具合があったら変更します。

楽しいひと時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不安な気持ちで整備

夕方のひと時、古い昇圧トランスをちょっとキレイにしてみました。
数ヶ月前に完動品という事を信じて入手したものですが、本体のカバーを開けてビックリしてしまい、今まで触らずにいました。
Photo

Photo_2Photo_3

ビックリしたのは入力配線がスイッチの裏側でシリコン系コーキング剤で固められていたこと。何かトラブルがあって補修したのでしょうが、なんとも手荒なコーキング剤の処置にショックを受けました。
それとトランス本体に巻かれた緩衝材(スポンジかな)の状態。経年劣化(加水分解というのでしょうか)で仕方が無いと思いますが、あまり大切に使われていなかったのかなと想像します。

Photo_4

Photo_5

固定金具を外して古い緩衝材を落とします。正に粉々です。トランス本体も塗装の浮いた部分を擦ったらサビが出てきました。

Photo_6

Photo_8Photo_9

新しい緩衝材を巻いて固定。パネルや本体カバーを止めるビスも新しくしました。
後は満足に電気信号が流れることを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイプⅢだとばかり思っていたら

出番待機中のデンオンのプレーヤーに装備されていたカートリッジを良く観たら、思っていたものと違っていました。

Photo

Photo_2

5~6年も前から手元に有ったのですが、くすみと埃が被ったアクリルカバー越しにSHUREの文字を見て「あの方だったらV-15Ⅲだろうな。」と勝手に思い込んでいて、よく見ることもしていませんでした。
タイプⅢの銀色でボリューム感のある見慣れていたはずのボディとはかなり違う形状を見て、気が付かなかった自分に少し恥ずかしさを感じました。

当時、何時かはシュアーを手に入れたいと思っていたので(V-15ではなく、M75かM90でしたが)どんな音が聴けるのかとても楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえずスイッチONでは問題なし

アナログオーディオをもう一度と思い若い頃愛用した機器を触り始めましたが、なかなか進みません。
今回はちょっとアンプなどをいじってみました。

アンプの外回りの埃を掃って、上部の木製カバーを外してコンセントに電源プラグを挿入。幸い何も起こりませんでした。
次はメインスイッチのレバーに指を掛けて、ちょっと緊張しながらスイッチON.。パイロットランプが点灯し、リレーがカチッと作動しました。懐かしい音です。

PhotoPhoto_2

続いてチューナーも電源ON。バックライトも点灯してくれました。

T1T3

さて、問題は音源とスピーカーを接続したらどうなるのかです。
というわけで当時使っていたスピーカーのフロントネットを外してみると、想像通りコーンスピーカーのエッジがひび割れていました。指で押してみるとカチカチです。このままでは使えませんね。

S2

音出しチェックはある雑誌の付録スピーカーを使う予定ですが、肝心のレコードプレーヤーの復旧チェックがまだでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アームが動かない

Photo_5

先日の日曜日。
注文したレコードプレーヤー用のベルトとオイルが届いたので、再使用のための復旧作業を進めます。
ベルトをデュアルのインナーテーブルとモーター軸に掛けてみます。
Photo_6


サイズは問題なさそうですが、昔の純正品の感触と比較すると少し弾力が少なく感じます。取りあえず33/45回転の切り替えもOK。ターンテーブルを重ね、レコードもセットします。
Photo_8


電源を投入。
正常であれば、右のスタート/ストップレバーをスタート側に倒すとターンテーブルが回転し、アームヘッドがアームレストのところでリフトアップ。レバーが中立位置に戻り、アームがレコード外周まで移動してヘッドがリフトダウンしトレースが開始します。

さて、スタートさせてみます。回転が始まりリフトアップしました。レバーが戻り・・・までは良いのですが、アームが動きません!しばらくするとリフトダウンしターンテーブルが停止してしまいました。
試しにヘッドを内周まで移動させると、自動でリフトアップはしますが、その位置でまたリフトダウンしてターンテーブルは止まりません。

オート機能はターンテーブルの回転が原動力で連結された各所が作動するので、もしかすると、インナーテーブルにこびり付いた古いベルトを除去するのに、インナーテーブルを正転/逆転と何度も繰り返し手で回転させたことが原因で不具合になったものと想像しています。

本体をひっくり返して樹脂製の部品などが破損していないか?見渡しますが特に異常は見当たりません。残念ですがここまでで今日の遊び時間は終わり。これから先は、またのお楽しみとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

溶けたベルトの除去

R0016285


R0016281R0016286R0016287

溶けてベトベトになったベルトは、自転車の手入れに使っているパーツクリーナーでどうにか落とすことが出来ました。
ついでにキャビネットの内側も掃除機を掛け、水拭きしました。
次は硬化したグリースの塗り直しなど可動部の注油をしようと思いますが、それらの手入れについては説明書にも記載がありません。

それよりもベルトを掛けて、肝心のモーターとターンテーブルに問題が無いか確認する方が先でした。(ターンテーブルの回転を利用した機械式オートプレーヤーですので。)
先程ネットで検索してベルトの注文をしましたが、長さや幅は大丈夫か?少し不安でいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)